【幽遊白書】巻原定男(まきはらさだお)の強さと技考察、 美食家(グルメ)の能力者!

仙水に加担するひとりであり、美食家(グルメ)の能力者である巻原定男(まきはらさだお)。

なんだかんだ結構悲惨な末路を辿ってしまった人物なんだよね。

今回はそんな巻原について考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

巻原定男(まきはらさだお)の強さと技考察、 美食家(グルメ)の能力者!

巻原の能力はかなり強力で、他人の能力を食らうというもの。

自分の胃袋の中にあるテリトリーに能力者を取り込むことで、その能力を自在に使用できるようになる!

巻原
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 黄泉(よみ)の外見はこんな感じ

この巻原の能力は、ハンターハンターでいうところのクロロの盗賊の極意(スキルハンター)の上位交換といった感じだ。

スキルハンターにはさまざまな制約と誓約があるのにたいして、巻原の美食家(グルメ)に関してはそこまでの誓約がないのがメリット。

しかし、自分の能力を遥かに上回る相手を取り込もうとすると、逆に乗っ取られてしまうこともあるみたいだ。

そのデメリットが影響し、戸愚呂(兄)に自身を乗っ取られてしまうという最後を招いてしまった。

これに関してはある意味非常に残酷な描写だったといえるだろう。

また、戸愚呂(兄)の陰湿な人間性も大いに主張されたエピソードだったといえそうだ!

【スポンサーリンク】

美食家(グルメ)の能力

この能力自体は強力なんだけど、バトワンとしてはあまり欲しい能力だとは思わない。

というのも、ちょっとカニバリズム的な雰囲気があって気持ち悪い気がするんだよね。

強力な能力であることは間違いないんだけど、それならまだ海藤の能力とかのほうが面白そうだ!

実際、巻原は自分の能力が悪い方に出て最後を迎えてしまったし、強いとはいえ憧れる能力じゃない気がするぞ!

ハンターハンターではなんとなくあの人物に…?

巻原といえば、ハンターハンターで登場したレイザーに、どことなく雰囲気が似ている気がするんだけどどうだろうか?

レイザーといえばグリードアイランドのゲームマスターとして活躍してたよね。

あのヒソカにもバレーボールで大ダメージを与えてたし、レイザーの強さも懐かしところだ!

巻原の存在が実際にレイザーのキャラデザインに影響を与えたかどうかはわからないけど「無意識のうちになんとなく似ちゃった」くらいならあるかもしれないね!

長く漫画家をやっていればキャラデザインがある程度似てくるのは仕方ないというもの。

むしろそれが作風の一部となり、読者としては安心感を感じたり、過去の作品の面影と投影したり出来る。

この辺りを踏まえて考えると、冨樫先生はもしかしたらそういうファン心理にも配慮して描いてくれているのかもしれないね!

【スポンサーリンク】