【幽遊白書】朱雀(すざく)の強さと技考察、四聖獣チームの美しきリーダー!

四聖獣チームのリーダーである朱雀。

妖怪なのに外見は人間に非常に近く、むしろイケメンに近い感じなので、ある意味人気があるキャラクターだよね!

そこで今回はそんな朱雀について、バトワンなりに考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

朱雀(すざく)の強さと技考察、四聖獣チームの美しきリーダー!

闇奥義と雷を用いた技を駆使するのが朱雀の特徴。

また、蟲笛をしようすることで、人間界を混乱させようと目論んでいるフシもあったりする。

スザク
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 朱雀(すざく)の外見はこんな感じ

朱雀は外見としてもかっこいい感じだし、その強さと残酷性も相まって、多くのファンがついた人物といえそう。

頭には闇奥義をコントロールする触角があり、ダイヤよりも硬い黒甲冑でコーティングしているらしい。

幽助と対決し、その触覚を損壊してしまったことが間接的な原因となってしまい敗北を喫してしまった。

とはいえその実力は折り紙つきで、最大級の「七獄暗黒雷光波」の描写は、いかにも破壊力満点といった感じで描かれていたのを思い出す!

電撃を使用するキャラクターはいいよね、ハンターハンターのキルアもそうだし、ワンピースのエネルもそうだけど、スピード感があって好きだ!

【スポンサーリンク】

魔回虫を操る悪趣味な戦闘方法

朱雀といえば、魔回虫を操る悪趣味な戦闘方法でも知られている。

いや、それが戦闘方法なんだから“悪趣味”と言われても本人としては困るかもしれないけどね。

魔回虫とは朱雀の使う蟲笛で操る事ができる虫。

陰湿な心を持つ人間に寄生し、その人間を殺人鬼に変えるという特徴を持っており、蟲笛を破壊しないかぎりこれら魔回虫を止めることは出来ず、ある意味では作中で猛威を振るったともいえそう。

朱雀もそうだけど、幽遊白書の敵キャラはわりとコミカルな側面もあるからアレだけど、これを本気で賢いキャラクターが使用したら、相当な脅威になることは間違いなさそうだよね。

あっという間に人間界を制圧するくらいの影響力を持つ可能性は高いと思う。

それを差し置いても強力な身体能力

また、朱雀は修行でパワーアップしたあとの霊丸をも片手で吹き飛ばすほどの身体能力の持ち主。

これまで霊丸は勝利の切り札って感じだったんだけど、朱雀の強さによって少し霞んでしまった感も否めない!

さらには手に妖気を集めて放つ“暗黒雷迅拳”や、自身の体を分身させる“暗黒怪籠陣”などの技も使用していたことから、蟲笛などなくても充分な強さを持っていたことが伺える!

原作では幽助が勝利を収めたけど、もし何かひとつでも間違いが起こっていたら、朱雀が勝っていても全くおかしくなかったはずだ!

【スポンサーリンク】