【幽遊白書】浦飯幽助の強さと霊丸考察、雷禅との関係性!

ハンターハンターのジン・フリークスとそっくりだ!という噂が鳴り止まない浦飯幽助。

幽遊白書自体が同じ作者だから、ちょっと似てるキャラが出てくるのは仕方ないよね!

とはいえ幽遊白書も大ヒットしたし、ハンターハンターも大好評。

冨樫先生の才能は本当に計り知れないものを感じてならない!

そこで今回は、冨樫先生のもうひとつの作品である“幽遊白書”の主人公、浦飯幽助について触れていこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

浦飯幽助の強さと霊丸考察、雷禅との関係性!

幽遊白書に関しては、るろうに剣心とかと同じくらいの時期に連載されていたはずだから、ワンピースより少し昔の漫画になるよね。

とはいえ、かなりの名作であり、今読み返しても相当に面白い!

冨樫先生の作風の礎を築いた名作であるといってもいいのかもしれないね!

幽助
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 浦飯幽助の外見はこんな感じ

上記カットは幽遊白書の主人公である浦飯幽助。

ハンターハンターのゴン・フリークスとはちょっと似ているんだけど、別に関係は無さそうな感じ。

元々単なる不良中学生だった幽助が、霊界の手違いにより一度死んでしまうところからスタート。

そんな幽助が試練を乗り越えていき、生き返らせてもらう代わりに「霊界探偵」として活躍していく…といった流れがメインエピソードとなってくる。

一度あの世を見てきているからこその「伊達にあの世は見てねぇぜ!」という決め台詞はいい感じだったと思う!

ワンピースの「海賊王にオレはなる!」くらいのインパクトが当時はあった!

【スポンサーリンク】

「霊光波動拳」の後継者となり成長していく!

探偵として活動していく中、そのプロセスで“霊光波動拳”の後継者としてパワーアップしていく幽助。

霊能力者である幻海に弟子入りし、必殺技である「霊丸」を身につけることによって、様々な闘いで勝利を収めていく。

この時代のバトルマンガの主人公像は特に幽助のような“熱血タイプ”が多かったような気がするよね!

霊能力を活かして戦っていく姿は、今のハンターハンターの“念能力”の基礎になっているような気がしてならない!

雷禅の息子であることが判明!

ストーリーが進むにつれ、幽助に秘められた裏エピソードが続々と判明していく。

その中でも最もインパクトが強かったのが、幽助が魔界三大勢力の一角である“雷禅の子孫だった”という事実だと思うんだ。

ありふれた不良中学生だった幽助が、実はそんなに強力な魔族だったとは、物語がスタートした段階で予想できた人はきっと少なかったと思う。

魔族として覚醒してからは、妖気も使用するようになったし、さらに戦闘力が圧倒的にアップしていた!

雷禅との因縁についても深く描かれていたし、このあたりは「さすがは冨樫先生!」って感じだよね!

ハンターハンターがあるから難しいとは思うけど、いつか幽遊白書の続編も読んでみたいと願ってるぞ!

【スポンサーリンク】