【幽遊白書】蔵馬の強さと技考察、南野秀一として生きる妖狐!

幽遊白書の人気キャラクター、蔵馬。

このキャラクターに関しても、飛影とならんで超人気だったのが印象的だよね。

ハンターハンターのクラピカは蔵馬のイメージを引き継いでいるような気がするぞ!

【スポンサーリンク】

蔵馬の強さと技考察、南野秀一として生きる妖狐!

飛影は完全なる妖怪なのに対して、蔵馬は人間・南野秀一の身体に憑依しているという違いがある。

バラをくわえた登場シーンが印象的で、典型的な美形王子様てきな感じの印象が特徴的!

蔵馬
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 蔵馬の外見はこんな感じ

上記カットでもわかるけど、蔵馬の武器って薔薇などの植物を使った戦闘なんだよね。

この時代のジャンプはドラゴンボールとかるろうに剣心とかが主体の時代だったから、植物で戦うという感覚はとても斬新だったのを覚えている。

植物で戦うという発想をバトル漫画に持ち込んだのは冨樫先生が最初なんじゃないかな?

ちなみに蔵馬は人間の状態でも充分強いんだけど、妖狐の状態になるとさらなるパワーアップを遂げることが判明している。

元々の力を100%出せる姿って感じなんだろうね、きっと!

【スポンサーリンク】

蔵馬の技と妖狐化について!

蔵馬の技についてもう少しだけ触れてみよう。

具体的に、植物を用いた技がかなり豊富で、一覧にすると結構たくさんある!

  • 風華円舞陣(ふうかえんぶじん)
  • 薔薇棘鞭刃(ローズ・ウィップ)
  • 華厳裂斬肢(かごんれつざんし)

で、これらの技に比べて、妖狐化することも出来るから、より一層強力なわけだね!

元々強い蔵馬がさらに変身するとなったわけだから、多くの読者が胸を熱くしたことだろう!

妖狐
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 妖狐に戻ることも出来る!

妖狐の状態だとなんだか中性的な体格をしているのが印象的。

南野秀一の状態であれば比較的クレバーで優しい蔵馬なんだけど、妖狐の状態になると性格も本来のものに引っ張られてしまう様子。

人間モードの時と比較して、かなり冷徹な印象を与える雰囲気を持っているのが印象的だと思う。

伝説の極悪盗賊

妖狐蔵馬は「伝説の極悪盗賊」と呼ばれ恐れられていたらしく、妖狐の状態だともしかしたら飛影よりも強いかもしれない!

人間と融合する以前でもA級妖怪であり、最終的にはS級妖怪にまで成長したことから、最強クラスの一角を担っているのは間違い無さそうな気がするよね!

現在連載されているハンターハンターのクラピカも、どことなく妖狐蔵馬の面影があって人気だけど、冨樫先生的には“このタイプのキャラはチート級に強くしたい”っていう思い入れみたいなのがあるのかも。

妖狐蔵馬に関しては、そのルックスから女性ファンも多かったみたいだし、これはこれでスピンオフ作品が読んでみたいキャラクターの一人かもしれないね!

【スポンサーリンク】