【幽遊白書】雪菜の人物像考察、飛影の双子の妹であり氷女の少女!

コイツの妹がこんなに可愛いのか!というのは良くある話で、雪菜に関してもそれは当てはまる。

なんと、あの幽遊白書で最も人相が悪いキャラのうちの1人である飛影の妹だというのだから驚きだ!

今回はそんな雪菜について考察してみようと思うぞ!

【スポンサーリンク】

雪菜の人物像考察、飛影の双子の妹であり雪女の少女!

雪菜の最大の特徴はやはり、流した涙が氷泪石(ひるいせき)に代わる…といったポイントだろう。

氷泪石は魔界においても思考の宝石、人間界でも超高価なものとされているみたいで、ある意味ハンターハンターの緋の目みたいな感じかもしれないね!

雪菜
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 雪菜の外見はこんな感じ

掟を破って氷河の国を抜け、人間界で動物と遊んでいた雪菜。

しかし、氷泪石(ひるいせき)目当ての人間に捉えられて監禁されてしまう。

そして、そんな雪菜を助けたのが、幽助&桑原達だったんだね。

そんな幽助&桑原たちが後に飛影と共に闘うなど、なんと運命めいた展開だろうか!

バトワン的にも雪菜周りのエピソードは結構好きだ!

ちなみに戦闘に参加するわけではないものの、暗黒武術会編では浦飯チームの応援団として同行することになる。

女性キャラがある程度いると華が出るしね、こういう粋なはからいはありがたい気がするぞ!

【スポンサーリンク】

氷河の国への復讐を胸に

氷河の国への復讐のために兄を探そうとしていることが後に判明した雪菜。

さらに、兄が炎の妖気に包まれていたことを知っており、そういった点でも飛影を何かの手がかりとしてみているフシが感じされた。

飛影自身は邪眼の手術をする際に「妹の前に自分が兄であると名乗り出ないこと」を約束として交わしているものの、本人はその真実を知っていたりする。

実の妹が目の前にいるのに名乗り出ることが出来ないというのは、人間の感覚からすればけっこうツラいことであるに違いない!

ともあれ飛影はあの性格だし、妖怪の一種に計上されるのでそこまでしんどい思いをするわけでもないのかな?

とんでもない年齢不詳

冨樫先生の作品にはしばしば年齢不詳の人物が登場してくるわけなんだけど、雪菜はまさにその典型。

ウィキなどによると、その年齢は6歳〜100歳というとんでもない幅で記されているのが印象的だ!

また、氷や冷気を発生させることが出来るだけでなく、治癒能力を持っているのはかなり大きなポイントといえそう。

戦闘面では役に立たないかもしれないけど、回復面で力になってくれるのは、浦飯チームにとって心強かったに違いない!

ハンターハンターにはまだ彼女に対応しそうなキャラクターが出てきていないのが少しだけ残念!

【スポンサーリンク】