【幽遊白書】Drイチガキの強さと人物像考察、狂気のマッドサイエンティスト!

生物兵器の専門家であるDrイチガキ。

全く格好良くないし、むしろダサいんだけど、インパクトといった点では抜群だ!

今回はそんなドクターイチガキについて、バトワンなりに考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

Drイチガキの強さと人物像考察、狂気のマッドサイエンティスト!

これまで登場してきた幽遊白書の中で、これほど異質なキャラは少なかったと思う。

そんな異質なドクターイチガキの夢は、究極の生物兵器を造ることなんだそうだ。

イチガキ
幽遊白書キャラクターブック霊界紳士録より引用 Drイチガキの外見はこんな感じ

円・魁・粱の3名の格闘家を操る黒幕的マッドサイエンティスト、Drイチガキ。

彼に関してはだいぶイラっとさせられる雰囲気を持っていることは否めない!

ハンターハンターでは特に彼の面影を引き継いだキャラはまだ出てきていないっぽい感じだけど、個人的にはドラゴンボールのDrゲロとかそっち系を思い出してしまう!

あとはアンパンマンのドクターヒヤリとかね!

究極の生物兵器を造ること目的としているというのも、なんだか不穏な感じだけど、なぜ彼がそのような危険な橋に足を踏み入れようとしているのか?といった点も、多くの謎が残るところだ。

戦闘面では結構からっきしの印象があるんだけど、正確は非常に悪い感じがするぞ!

【スポンサーリンク】

あっさり敗北した噛ませ犬的キャラ

Drイチガキといえば幽遊白書の暗黒武術会の中でもかなりアッサリ敗北したキャラの部類に入る。

幽助に負けちゃったわけなんだけど、それはそれでイチガキにとって幸せだったかもしれない!

と、いうのも、暗黒武術会は先に進めば進むほどとんでもない敵が増えてきたわけだよね。

最終的にはあの戸愚呂弟まで出てきたわけで。

当然なんだけど、ドクターイチガキが戸愚呂弟に勝てるわけがないし、もし対峙してしまったら命がいくらあっても足りないって感じだと思う。

わかりやすく例えるなら…

彼の登場は、いうなればドラゴンボール超の第七宇宙vs第六宇宙の対抗戦に、チャオズが出場するようなもんだと思う。

と、なってくると、幽助には負けてしまったものの、それはそれで幸せだったのかもしれないね!

幽遊白書の暗黒武術会は、特に名キャラクターが多数出てくるわけで、その中でも逆の意味で異彩をはなったDrイチガキ。

彼の存在と噛ませ犬感、そしてそのインパクトは末永く読者の心に刻みつけられていくに違いない!

嫌いなキャラじゃないんだけど、さすがにちょっと暗黒武術会に出るには場違いだったね!

せめて非戦闘員としてサポートに徹すればよかったのに!

【スポンサーリンク】