【戦国無双】前田慶次の強さと人物像考察![OROCHI]

彼の本名は本名は前田慶次郎利益(まえだ けいじろう とします)。

戦国最強とも謳われる程の前田慶次とは、いったいどのような人物だったのだろうか。

今回はそんな前田慶次について、ゲームと史実の両面から考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

前田慶次の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズにおける前田慶次の外見は以下のような感じ!

よく“傾奇者(かぶきもの)”なんていわれるけど、デザインがまさに歌舞伎の権化になっちゃっているような気がする!

いや、嫌いじゃないよこういうの!味がある!

%e5%89%8d%e7%94%b0%e6%85%b6%e6%ac%a1
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 前田慶次の外見はこんな感じ!

戦国シリーズの中でもトップクラスの筋骨粒々・ムキムキマッチョの持ち主であり、登場してきたときの威圧感はちょっと半端ない!

「前田慶次とは戦うな」みたいな司令がNPCから飛び交うこともあり、それを無視してちょっかいを出すと半泣きにさせられてしまうことが大半だろう。

1、2発くらっただけでゲージが真っ赤になり死にそうになるので、ガチで前田慶次とは戦わないほうがいい。

三國無双の虎牢関で登場する呂布のブチキレモード並の絶望感を味わわされてしまう!

“天下御免の傾奇者”前田慶次に瞬殺されてトラウマを背負ったプレイヤーもきっと多いはずだ!

【スポンサーリンク】

実際の前田慶次!

武勇に優れ、茶道や舞など古今典籍にも通じた文武両道の将だった前田慶次。

一方で奇抜で荒唐無稽な振る舞いを好む性格であったともいわれる。

これが傾奇者(カブキもの)として今に伝わっている感じだね!

しかしその傾奇っぷりはズバぬけており、かの豊臣秀吉に“傾奇御免状”を与えられるほどあっぱれな傾きっぷりだったようだ!

上杉景勝に士官!

後に上杉景勝に士官した前田慶次。

あの豊臣秀吉にすら傾いてみせた前田慶次だったけど、上杉景勝に対してはその威風に感服してしまった…という逸話がある!

前田慶次はどこからどう見ても“独特な嗅覚”を持っていたと思うし、上杉景勝には何かビビっと感じる部分があったのかもしれないね!

その後前田慶次は長谷堂の戦いにも参陣し武功を立てたといわれている。

現代社会ではルールでガッチガチなところがあるし、前田慶次の破天荒っぷりはみていてなかなかに爽快だよね!

当時の時代背景がどうだったかは良くわからないけど、普通とは違うことをするのに勇気が必要っていうのは今も昔も共通だったはず。

そう考えると、前田慶次はかなりぶっ飛んだ感覚を持っているか、あるいは類まれなる勇気を持っている人物だったに違いない!

【スポンサーリンク】