【戦国無双】服部半蔵の強さと人物像考察![OROCHI]

忍者の代名詞として名高い服部半蔵。

今回はそんな彼について考察し、理解を深めていきたいと思う!

ゲームと歴史の両面から触れていくことによって、新たなる服部半蔵に気付けるかもしれない!

【スポンサーリンク】

服部半蔵の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズの服部半蔵は、以下のような感じでデザインされている!

実は第一作目から登場している皆勤賞キャラクターだ!

どっからどこまで見ても“これぞ忍者!”といった雰囲気がイカス!

%e6%9c%8d%e9%83%a8%e5%8d%8a%e8%94%b5
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 服部半蔵の外見はこんな感じ!

無双シリーズの服部半蔵は鎖鎌を用いて戦闘することで有名。

また、忍者らしく移動速度もダントツに早く、作品によっては二段ジャンプを使用できたりもして、一層“忍者感”を楽しめるキャラクターであるといえるだろう!

また、風魔小太郎とのライバル関係もなかなか緻密に表現されており、これも一見の価値ありだと思う。

バトワンは移動速度が早いキャラクターが好きだから、服部半蔵はわりと使用していたようなきがするかも。

とはいえ戦国無双には他にも色々魅力的なキャラクターが沢山いるし、服部半蔵ファンか?と聞かれると別にそうでもなかったりする。

【スポンサーリンク】

実在した服部半蔵!

実際の服部半蔵は伊賀の出身であり、松平家に仕えたものとされている。

現代で“忍者”というといかにもニンニンなイメージを持ってしまうけど、戦国時代ではかなり重要なポジションを担っていたようだ。

現代でもそうだけど“情報”が鍵になっているのは当時から同じ。

戦国時代のような乱世であればより一層その傾向は強いと思う。

忍者のような存在は暗殺者と紙一重な印象があるけど、実際には工作・諜報などにも暗躍していた模様。

ちなみに実際の服部半蔵は忍としても優秀だった上に、戦場でも戦える“槍の名手”として育てられたらしい。

工作・諜報・暗殺に加え戦場での武勇も高かったとされる服部半蔵。

時代の影で暗躍するばかりの忍ではなく、戦の表舞台にたってもその武勇を奮っていたってことだね!

ちなみに服部半蔵はかの有名な“本能寺の変”の際には、明智からの追撃を逃れる“伊賀越え”の先導を努めたとも言われる。

これによて、伊賀の者を従えて忍として活躍する機会が増えていったようだ。

また、彼の活躍はこれだけにとどまらず、江戸時代になると伊賀組同心の統率者としてその手腕を奮っていたという。

現代でも国内・国外を問わず大人気の“忍者伝説”

その中でもトップクラスに有名な“服部半蔵”の生涯は現代に至るまで色々と脚色とかもされていると思うけど、ある種のロマンで満ち溢れていることは間違いない!

【スポンサーリンク】