【戦国無双】濃姫(のうひめ)の強さと人物像考察![OROCHI]

織田信長の妻として名高い濃姫(のうひめ)。

今回はそんな彼女について考察しつつ、理解を深めていきたい!

無双シリーズの中でもひときわ妖艶な魅力を放つ彼女について、ゲームと歴史の両面から迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

濃姫(のうひめ)の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズにおける濃姫のキャラデザインは以下の様な感じだ!

以下カットではアレだけど、雰囲気としては三國無双に登場する甄姫(しんき)と近いものを感じるキャラクターだ!

武器は長い鉤爪のような暗器を用い、体術もかなり高い水準で使いこなしている感じだ!

%e6%bf%83%e5%a7%ab
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 濃姫(のうひめ)の外見はこんな感じ!

体術のレベル、立ち回りに関してはかなり華麗で、武器なしであれば一部の男性武将より上手なんじゃないかな?とすら思わせる濃姫。

女性キャラだけに移動スピードもかなりすばやく扱いやすいキャラクターだと思う!

無双乱舞に関し得ては紫色の蝶が出現するエフェクトが起用されているけど、これは史実の“帰蝶”に由来していると考えられる。

さすがKOEI、かなり芸が細かいね!痺れる!

雰囲気としてはかなり妖艶で、花魁のような華やかさを持って表現されているキャラクターだ!

【スポンサーリンク】

実際の濃姫について!

実際の濃姫の父親は斎藤道三であり、明智光秀とは従兄弟であるとされている。

織田信長の妻として嫁いだものの、信長と彼女の間に子供は生まれなかったようだ。

よって、信長と側室の間にできた子供である織田信忠を養子としたらしい。

信忠を養子にした後に織田家の家督を継がせたとされる。

濃姫の神秘的なところは、その資料の圧倒的なまでの少なさだ。

信長の正室という立場であったのにも関わらず、斎藤家から嫁いできたこと意外の経歴はほとんど不明。

このあたりは信長にまつわる謎の中でもなかなか興味深い部類に入るんじゃないだろうか!

本能費の変の時には安土城におり、明智軍が来る前に日野城に移り、その後は出家したといわれている。

斎藤道三から嫁いできて最終的には出家したわけだけど、その間が謎だらけ…という人物なわけだね!

戦ばかりだった時代背景から彼女の資料などが失われただけかもしれないけど、これだけ重要なポジションにつきながらこのデータ不足はミステリーとしか言いようがない!

なんなら“意図的に記録を消された”という可能性すら感じてしまうところだ!

もし濃姫のデータが意図的に消されていたとしたら、それは何故だったのだろう。

それとも濃姫(帰蝶)という存在なんて、本当は存在しなかったのだろうか?

このあたりの謎を考え出すと、信長絡みの物語をすべてひっくり返してしまいたくなってしまうね!

【スポンサーリンク】