【戦国無双】真田幸村の強さと人物像考察![OROCHI]

戦国無双の主人公敵キャラクター、真田幸村。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から彼の魅力に迫っていきたいところだ!

【スポンサーリンク】

真田幸村の強さと人物像考察!

KOEI無双シリーズの真田幸村の外見は以下のような感じ。

気合十分、情熱のレッドって感じで主人公にふさわしい雰囲気を醸し出している!

真田家の旗印である“六文銭”は健在だ!

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e5%b9%b8%e6%9d%91
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 真田幸村の外見はこんな感じ!

三國無双シリーズの主人公格は蜀の趙雲子龍だったけど、戦国無双シリーズの主人公格は真田幸村。

なんだかこの2人に関してもちょっとした共通点を感じざるを得ないところだ!

使っている武器もお互いに“シンプルな槍”だし、この2人は無双シリーズの定番キャラになってきている感じだね!

ちなみに兄の信之も戦国無双シリーズには登場しており、戦国に生きる兄弟の複雑な感情の動きまで表現されている!

このあたりはちょっと子供っぽいシナリオ展開になっていることもあるけど、ムービーを通して全体の雰囲気を捉えれば「さすがKOEI!」と思える仕上がりになっているんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

実際の真田幸村!

真田幸村の本名は、実は“真田信繁(さなだのぶしげ)”だったりする。

幸村の方でしっかり覚えちゃってるから、本名は意識から飛んでいっちゃうことがあるよね!

彼は戦国時代をテーマにした作品では重要人物・主要人物として登場していることが多く、いずれの作品においても“超一級の武将”といったポジションを堅持している。

戦闘能力においてもそうだし、智謀の分野でもトップクラス。

また、人物的な魅力も非常に高く描かれていることが多い。

大阪冬の陣では“真田丸”築き防衛戦を闘い、大阪夏の陣では緒戦の“道明寺の戦い”において伊達政宗軍を破り後退させている!

あの独眼竜政宗を相手に奮戦し退けることが出来る武将っていうのは、この時代を通してなかなかいなかったんじゃないかな?

最終的には“天王寺の戦い”以降の流れの中で命を落とすことになってしまう。

ともあれこうやって彼の半生をダイジェストで振り返ってみると、真田幸村がいかに優れた武将であったかがよくわかるところだ!

現代においても多くのファンを獲得している背景には、彼の壮絶なまでの生き様が影響しているのは間違いないだろう!

戦国無双シリーズを開発するときには色々な武将が主役候補に上がったとは思うけど、真田幸村にして正解だとバトワンは思う!

【スポンサーリンク】