【約束のネバーランド】26話「生きたい」ネタバレ確定感想&解説・考察!

心理と心理、智謀と智謀が壮絶なバトルを展開する約束のネバーランド。

直接的な肉体バトルではないけど、こういう戦いも読んでいてめっちゃ白熱するよね!

ここ最近はバトワンの約束のネバーランド考察もジワジワ人気が出てきているみたいで嬉しいと思うよ!感謝!!

【スポンサーリンク】

26話「生きたい」ネタバレ確定感想&解説・考察!

さて、26話のスタートは以下のカットから。

そうそう、25話のラストでは“下見強行”が失敗する流れになったんだよね…。

ここからどう展開するのか…と思ってたけど、とりあえずママに屈するしか無かったみたいだ…ママ恐るべし!


約束のネバーランド26話 ママの落ち着き振りが凄い!屈するしか無いエマ・レイ・ノーマン…。

ママがここまで落ち着いていられるのは、エマ・レイ・ノーマンが「頭がキレるからこそ」なんだろう。

状況を読み、理解し、次なる判断が出来るエマ・レイ・ノーマンが脱獄の指揮を取っていることを知っているからこそ、彼らの行動はママの想定の範囲内に収まってしまうのかもしれない…。

頭が良ければ良いほどに、沈められてしまう底なし沼のような智謀は脅威以外の何物でもないって感じだね!!

さらに今回は、あのレイにも若干の動揺が見られる感じだったのが印象的だった!


約束のネバーランド26話 レイの動揺がなんとなく垣間見える!

“ノーマンの出荷”という緊急的な予定変更。

これに対してのレイの反応は、バトワンには“動揺を隠せない”かのように見えた。

レイの頭脳もかなりのものだから、動揺しつつも合理的な打開策を探しているんだとは思うんだけど…。

ママの揺さぶりによって、レイの判断が曇っていないことを祈りたいところ!!

【スポンサーリンク】

状況を整理するレイ&ノーマンを案じるエマ!

「今はまずノーマンだ」

そう呟いたレイは、徹底的に状況の分析にかかる。

イライラとした感情を押し殺しつつ、今の状況を整理しようと懸命に頭を回転させる!


約束のネバーランド26話 状況を整理しようとするレイ!

ママが口にした「事情が変わった」という、謎のフレーズ。

これがイコールで“ノーマンの出荷”を意味しているとは、レイは想像打にしていなかったことだろう!

この状況下で“冷静な判断”が出来れば、レイはたいしたものだと思う!!

反面、エマのリアクションはというと…?


約束のネバーランド26話 ノーマンをただただ案じるエマ!

自分の足はママに折られた。

しかしそれより何より、今は“ノーマンの出荷”という衝撃的フレーズに精神的ダメージを受けているみたいだ。

今、目の前で生きて息をして。

手も、こんなに暖かいのに。

出荷の時が訪れてしまったらこの呼吸も止まり、体温も冷たくなってしまうんだろう。

この事を思うエマもまた、レイと同様に死ぬ気で頭を回転させ始める!!

では、出荷を告げられたノーマン本人はというと…?

後半ではその辺りについて触れていきたいと思うよ!

【スポンサーリンク】