【自由人HERO】クラーケンの強さと人物像考察、海人界の英雄にして第二部も活躍した男!

海人界の英雄、クラーケン。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思うよ!

「生きることより、死ねない地獄」という名言を残した彼について、出来る範囲で掘り下げてみたい!

【スポンサーリンク】

クラーケンの強さと人物像考察、海人界の英雄にして第二部も活躍した男!

クラーケンの外見は以下のような感じ。

彼は海人界の英雄でありながらも、海王の娘ヴィーナスを母に持つ“龍人と海人のハーフ”だ!

当然ながらかなり強力な戦闘能力を持っており、第一部ではかなりの猛威を振るったことで知られている!


自由人HERO8巻より引用 クラーケンの外見はこんな感じ!

第二部ではパワーインフレがすごかったからアレだったけど、第一部のクラーケンの戦闘能力は凄かったよね!

また、最もボスとして適していそうな“龍人”ではなく、ちょっと意外な“海人”を第一部の黒幕に据えた辺りもかなりテクニカルで良い感じ!

作中屈指のクールさを発揮したクラーケンは、多くのファンを獲得した名キャラクターなんじゃないかな!

後半ではなんだかんだギャグに巻き込まれている感じだったけど、前半の絶望感&威圧感はかなりのものだったと思う!

さすがは第一部のラスボス、風格が違うね!!

【スポンサーリンク】

第二部でのクラーケン…!

ちなみに第二部でのクラーケンからは、第一部の頃の威圧感がちょっと緩和されることになった。

というのも、祖母との誤解も無事に解消されて、ヒーロー達としっかり和解できたことが大きな要因だと思う。

また、バラクーダなど“ヒーロー達と共通の敵”が生まれたことも大きいかもしれないね!

一度“近寄りがたさ”が緩和されたら、それ以降は結構イジりやすいキャラになったみたいな印象を受ける。

タッちゃんからは「イカ」と呼ばれたり、信歩に懐かれてしまったり…といった具合で、わりと災難に一方的に絡まれる感じのポジションが定着。

思い返せば南国少年パプワくんで登場した“サービスおじさま”も、クールながらにしばしばギャグに絡んでいってた気がする。

なんとなくだけど、クラーケンからも似たような雰囲気を感じてしまうところだ!

どっちかというと“怖くて美しくて近寄りにくい”という印象が強かったクラーケン様。

そんなクラーケンが徐々に懐柔されていくプロセスを眺めるのもまた、自由人HEROの楽しみ方のひとつかもしれないね!

完結してしまったのが惜しまれる名作、自由人HERO。

新作マンガに飽きてきてしまったら、こういった“少し前の名作”に手を伸ばしてみるのも楽しいかもしれない!

【スポンサーリンク】