【自由人HERO】ループの強さと人物像考察、冥界の使い魔の1人!

冥界の使い魔として登場したループ。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていければと思うよ!

何を隠そう、彼もまたサクラと同様“オカマスタイル”の人物だ!

【スポンサーリンク】

ループの強さと人物像考察、冥界の使い魔の1人!

ループの外見は以下のような感じ。

外見的に丸みを帯びたフォルムは、女性らしさを感じさせるところ…だが男だ!

ループの外見が女性っぽいことを受けて、あのバードも早速口説きにかかってたし…このあたりの一連の流れはお約束だね!


自由人HERO10巻より引用 ループの外見はこんな感じ!

ループに関しては第二部で登場したキャラクターということもあって、使い魔なのにも関わらず相当に強力。

その攻撃は一刀のもとに人王の腕を切り落とすほど鮮烈だった!

まぁ、これに関しては人王が“避けなかった”ってのもあるんだけど、それを考慮に入れたとしてもループの実力はちょっと侮れないところだよね!

下手したら後に登場する特戦隊の、ナギとかハロウよりも強かったりして…!

また、バトワン的には上記のカットはなんとなく“クロノクロスのツクヨミ”を連想してしまう。

これはおそらく彼らに共通する“使い魔っぽさ”が影響しているからだろう!

【スポンサーリンク】

2人目のオカマキャラ!オカマ好きなのかな?

柴田先生の作品には共通してだけど、オカマキャラがしばしば登場してくるよね!

“南国少年パプワくん”ではイトウくんとタンノくんが完全にオカマ(雌雄同体)って感じだったし、自由人HEROでは“花人界の英雄・サクラ”がオカマだし!

この辺りの感性はバトワンにはよくわからないんだけど、柴田先生はオカマキャラが好きなのかな?

いや、オカマキャラっていうと、他の作品でもそうだけど“インパクトが強い”ってところがあるから、そういう面を狙ってキャラクター群を組み立てているのかも!

ドラゴンボールのフリーザとか、ワンピースのイワンコフ、Mr2とかもインパクト凄いしね!

オカマ要素っていうのは第一感で驚きと衝撃を届けてくれる重要なポジション。

そういった角度から見ていくと、自由人HEROは“少年バトル漫画”にウケる要素を全て詰め込んでいる作品…と言い換えることが出来るかもしれない!

とはいえ現代社会では徐々に“同性愛は普通のこと”みたいな風潮が生み出されようとしている感じもする。

一昔前だったから“特殊なキャラ”ってことで、オカマなだけで色付け出来てきたものが、これからの未来だと通用しにくくなってくるのかもしれないね!

そう考えると、これからのオカマキャラは過去作品のソレらと比べると若干…不遇かも?

【スポンサーリンク】