【進撃の巨人】ケニー・アッカーマンの強さ考察!切り裂きケニーは伊達じゃない!

リヴァイ、ミカサといった豪傑・英雄を排出した血族、アッカーマン家。

その中でも比較的新たに登場したのが彼、ケニー・アッカーマンだ!

中央第一憲兵団に所属しており「対人制圧部隊」の隊長としてもその名を轟かせている!

【スポンサーリンク】

ケニー・アッカーマンの強さ考察!切り裂きケニーは伊達じゃない!

リヴァイのことを“リヴァイ・アッカーマン”と呼ぶことでその本名を明らかにし、波紋を呼んだのが彼、ケニー・アッカーマンだ!

彼は“切り裂きケニー”の異名を持つナイフの使い手であり、相当な脅威であることが判明している!

進撃14ケニー2
進撃の巨人INSIDE抗より引用 ケニー・アッカーマンの外見はこんな感じ!

彼の脅威の度合いを示すならば、リヴァイ兵長がとんでもないセリフを残している。

「脅威の度合いで言えば・・・敵に俺がいると思え」

この言葉はケニーの実力を何よりも雄弁に語っていたといえるだろう!

いい加減いいオッサン…って感じの外見をしているわけだけど、きっとそのぶん対人技術とかも熟練しているに違いない!

最終的にはロッド・レイスの巨人化の影響によって致命傷を追い、そのまま息を引き取ったものの、彼がその後も生き続けているシナリオがあったとすれば、それはそれで深みのある物語になっただろうね!

ケニーが敵として立ちまわり、リヴァイやミカサと戦っているシーンなどはいつかじっくり見てみたい気がする!

【スポンサーリンク】

アッカーマン家の構成を暴露

ケニー・アッカーマンの回想シーンなどによると、アッカーマン家は代々王家に仕えていた武家であることが判明している。

そして、レイス家による“記憶操作”の影響を最も少ない一族であることも、併せて確認することが出来た。

そう考えると、アッカーマンの血筋は古くの昔から戦闘に特化して育ってきた…ということになるね!

リヴァイやミカサの実力がケタ外れのレベルに到達しているのも、これを聞けば納得できる気がsる!

ウーリ・レイスとの友情

アッカーマン家の武力を怖れた王家は、それまで彼らを迫害し追いやっていた。

それに対してケニーは反旗を翻し、ウーリ・レイスを襲撃したことが回想シーンで明らかになっている。

しかしその襲撃は失敗、逆に巨人化したウーリに捕獲されることになってしまった。

ケニーの狙いは脆くも崩れ去ったわけだけど、彼の襲撃に対するウーリ・レイスの反応は想像とは真逆だったことに驚くことになる。

これまで王家が行ってきたアッカーマン家に対する迫害に対して謝罪され、ケニーとウーリは友人としての絆を結ぶと共に、ケニーはウーリに降ることになったようだ。

リヴァイやミカサもアッカーマンの一族だけど、ケニーが最もアッカーマン家としての運命と影響をダイレクトに受けている感じなのかもしれないね!

【スポンサーリンク】