【銀牙・流れ星銀】百鬼牙(ひゃっきが)の強さ考察&乱・蛇龍身抜刀牙について!

乱・蛇龍身抜刀牙を用いる八犬士の一人、百鬼牙。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

何はともあれ超強力な技を多数持っていた感じだし、けっこう好きなキャラだったかも!

【スポンサーリンク】

百鬼牙(ひゃっきが)の強さ考察&乱・蛇龍身抜刀牙について!

百鬼牙(ひゃっきが)の外見は以下のような感じ。

彼は天狼星八犬士であり、「乱」の戦士としてそのポジションを確立していた感じだ!

八犬士の中ではかなりテクニカルで面白い闘い方をしたキャラなんじゃないかな?わかんないけど!


銀牙・流れ星銀8巻より引用 百鬼牙(ひゃっきが)の外見はこんな感じ!!

外見からしてもはや普通の犬とは全く違う感じの百鬼牙。

いや、犬というか狼というか、表現は難しいところなんだけどさ!

しかしともあれ、彼の顔面につけた謎のマスクといい、もはや彼らオオカミ族は人間と同様に“文明構築に成功している”といった印象すら受けてしまうほどだ!

さらに、百鬼牙は保護色を使用してカメレオンのように背景に溶け込んでみせたり、全身に毒針を仕込んだ鎧を着込んだり…といった具合で、もはや忍犬もビックリの立ち回りをしていたことでも知られている!

最終的には死んでしまったこともあっていつしか読者の記憶から失われてしまった存在に成りつつあるけど、優秀な戦闘員であったことは間違いないだろう!!

【スポンサーリンク】

蛇龍身抜刀牙の強さについて!

で、そんな百鬼牙の使用する必殺技がこの蛇龍身抜刀牙。

回転しながらの攻撃といった点では、絶・天狼抜刀牙に近いものを感じるけど、この蛇龍身抜刀牙はどちらかというと“スクリュー回転”といった感じ。

熊犬と絶・天狼抜刀牙の組み合わせは抜群だから補正が入ると考えても、そういうのを抜きにして“普通の犬・狼”が使用すると過程すれば、乱・蛇龍身抜刀牙のほうが威力が高そうな気がするかも!


銀牙・流れ星銀8巻より引用 使用された乱・蛇龍身抜刀牙の威力!

とにもかくにも彼らの使用する“抜刀牙シリーズ”は、読者の心理をかなり大きく揺さぶるもの。

この抜刀牙を「強い・格好良い」としてプラスに解釈するか、あるいは「非現実的・ダサい」としてマイナスに解釈するかによって、評価は大きく変わってくるんじゃないだろうか!

しかしみんなに聞いてみると、抜刀牙シリーズは赤カブト戦の最終戦でちょろっと出てきた“だけ”だから良いんであって、汎用化されたらちょっと読んでてキツい…みたいな意見が多いみたいだ。

うーん、バトワンとしては嫌いではないんだけど、そういわれてしまうと納得する部分があるのは事実かもしれない!!

【スポンサーリンク】