【銀魂】第577話「泣き虫」ネタバレ感想&考察!

春雨軍との闘いも佳境。

前回のエピソードでは、星海坊主と神威の衝突に、神楽が止めに入る…といった感じで終わりました。

577銀魂
銀魂577話より引用 神威を止めにはいる神楽

良いですねー、シリアスモードの神楽、かっこいい。

今回は本格的に「神威を止めるための闘い」が激化します。

【スポンサーリンク】

第576話「泣き虫」ネタバレ感想&考察!

神楽を探して奔走する新八と銀さん。

ちゃっかり定治がいい仕事してます。

577銀魂1
銀魂577話より引用 神楽を探す銀時と新八

そうなんですよ、この2人まだ神楽と合流してないんです。

次話あたりで合流してきそうな予感はしますね。

そして一方、星海坊主vs神威vs神楽のシーンはまさに修羅場状態と化していました。

神楽をぶん投げる神威。

577銀魂2
銀魂577話より引用 神楽をぶん投げる神威

さすが夜兎、投技ひとつとってもとんでもない破壊力ですね。

上記カットでは、周囲の岩石がえぐれています。

しかし神楽も一歩も引かず、起き上がり反撃を試みるのです。

神威も神威でかなり吹っ切れている様子。

「お前の知ってる兄貴なんぞ どこにもいない」

「礼を言うぞ 妹よ。目の前で娘が死ねばもう一度あの獣も目覚めるだろう」

と、神楽を星海坊主覚醒のきっかけに使おうと画策します。

神楽に襲いかかり、顔面に一撃を入れようとする神威。

しかし神楽も黙ってはやられません。

577銀魂3
銀魂577話より引用 カウンターの描写がかなり凝ってる

いやー、シビれますね、この描写。

空知先生は日頃銀魂でギャグ中心で描くことが多いですけど、戦闘シーンの表現もさすが。

上記カットめちゃくちゃ上手い表現ですね。

この反撃を皮切りに、神楽が神威を懐柔しにかかります。

「変わっていないのはお前だけアル」

「みんなに置いてかれてベソかいてるだけの ただの泣き虫の私の兄貴アル」

銀魂574
銀魂577話より引用 神楽の表情の描写もさすがだよね

神威の強さと、内面の弱さを妹として知り尽くしている、ということでしょうか。

どことなく寂しいような、不思議な表情をしている神楽。

しかし、たったこれだけで神威の心が変わるわけもなく、戦闘は虚しく続きます。

【スポンサーリンク】

シビれを切らす星海坊主

そんな二人の争いにシビれを切らす星海坊主。

家族として、父として、兄妹が戦うところを見ていられなかったのかもしれません。

「もういい やめてくれェェ!」と、二人の戦いを止めようとします。

577銀魂5
銀魂577話より引用 苦悶の表情を浮かべ2人を止めようとする星海坊主

完全に神威とバチバチやってた前回とは違う表情ですね。

星海坊主の表情から険しさが消えて、苦痛が生まれています。

ここで何故か一瞬阿伏兎先生のカット。

「ザワ…」と、何かの気配に気が付きます。

虚登場!

満を持しての虚登場ですね。

駆けつけた虚は、問答無用で神威に襲いかかりますが、間一髪のところで星海坊主が神威に体当たり。

虚の攻撃から神威を守ります。
577銀魂6
銀魂577話より引用 滑空する虚

虚の強さってどんな感じだろう?と思っていましたが、これから虚の恐ろしさがどんどん暴かれていくような感じになりそうですね。

上記カットでもそうなんですけど、超・無表情で淡々と戦闘しているあたり「虚」というネーミングはピッタリであるような気もします。

虚相手に傘で撃ちあう星海坊主。

しかし、一度切り結んだだけで左腕を切り落とされてしまう結果に…。

577星海坊主
銀魂577話より引用 星海坊主の左腕が落とされる

あの神威と互角にわたりあった星海坊主が、たったの一度切り結んだだけでこれです。

虚の攻撃力・斬撃力が相当なのがわかります。

神楽が合流してくれたことで、星海坊主の死亡フラグはすこしおとなしくなりましたけど、これから先の展開はさらに激化していくはず。

来週の銀魂にも目が離せません。

【スポンサーリンク】

▶ 前回はこちら 【銀魂】第576話「二匹の雄」ネタバレ感想&考察