【銀魂】第588話「青い星」ネタバレ感想&考察!

さすが神威強すぎ!って感じで進んでいる銀魂なんだけど、前回のエピソードではついに神威が暴走モードに突入。

にも関わらず、今度は銀さんに変わって神楽と新八が止めに入る展開に。

神楽はまだしも新八は…一抹の不安がよぎってたけど、一応今回は大丈夫だったみたいだ!

【スポンサーリンク】

第588話「青い星」ネタバレ感想&考察!

前回までの流れでは、暴走神威の前に新八と神楽が乱入してきて、いかにも危険な雰囲気がただよっていた。

でも、今回の588話を見る限り、誰かが死ぬみたいな展開にはならなそうな感じでホッとしてる!

神威の背中にしがみつく神楽!

しがみつく神楽588
銀魂588話より引用 神威の背中にしがみつく神楽

どんな兄貴でも“兄貴は兄貴”って感じで止めようとしているのかもしれないね!

この辺りになんとなくの神楽の優しさと、家族への強固な決意が伺える気がするぞ!

また、今回のエピソードでは、神楽と江華が交わした会話も描かれることになった。

江華588
銀魂588話より引用 神楽と江華の温かい会話

神楽と神威の母にあたる“江華”は条件付きの不死者。

ある星では不死だけど、それ以外では生きていけないという特集体質の持ち主。

この時点で神楽がそのことについてどれくらい知っていたかは定かじゃないけど、神楽の思いやりや、母への愛情は伝わってくる感じがするよね!

【スポンサーリンク】

神威を止めることの意義

神威はこれまで自分の存在価値の全てを“強さ”に集約して成長してきた。

だからこそ星海坊主に勝つことに執着してきたし、価値観を立て直すのはとても難しいと思う。

でも、神楽にとっては神威は大事なバカ兄貴だから、なんとか止めないといけないんだね。

また、新八は神威に向かっていく神楽を守りたいと思っている。

だから2人とも飛び出したんだね。

神威が相手となってくると、正直力の差がありすぎて“無謀”って印象すら受けてしまう。

それでも彼らが飛び出したのは、きっと守りたいものが明確になっているからだろう。

守りたいものが明確になっている人間は、きっと強い!

神楽パンチ588
銀魂588話より引用 神楽のパンチが神威のミゾオチに炸裂する!

今回の588話では、神威をなんとか止めるため、神楽のパンチが神威のミゾオチに炸裂した。

しかし、それと引き換えに神楽の腹部にも神威のパンチが炸裂しているんだよね。

宇宙最強の親子喧嘩と思われる神威vs星海坊主はおろか、これは宇宙最強の兄弟喧嘩なのかもしれない!

とはいえ、神楽はノーマル状態で神威は暴走モード突入中。

ただでさえ兄と妹、男と女、あらゆる面で不利な神楽にとって、ちょっと荷が重い刺し合いのような気がするなぁ。

とはいえ今回は銀さんもなんとか立ち上がったし、次回の589話では何とか少しは物語が進展するかもしれない!

神威にとってこの敗北は、自身の存在価値を揺るがすものだからとてもキツいとは思うけど、なんとか乗り越えていって欲しいと切に願う!

【スポンサーリンク】