【銀魂】第590話「一番弟子」ネタバレ感想&考察!

前回のエピソードで神威との決着が一段落。

神威が暴走した時の脅威はハンパなかったけど、なんとか落ち着いてくれてよかった!

いっぽう今回は場面が変わり、高杉サイドが中心に描写されることに!

【スポンサーリンク】

第590話「一番弟子」ネタバレ感想&考察!

前回までの殺伐とした神威との決戦から打って変わって、新しい展開に突入した銀魂。

神威も過去と決別したし、あっちはあっちで一件落着って感じだ!

そして場面は移ろい、高杉最後が描写されていく!

高杉590
銀魂590話より引用 乱戦を闘う高杉

乱戦を闘う高杉。

なんとか追っ手を振り切る形で駆け抜けようとしていたもおのの、朧(おぼろ)と遭遇してしまう。

いや、高杉の発言を読解する限り、望む所といったところかもしれない!

お互いに松陽の弟子という立場なんだけど、もらったものは別のもの。

そんな二人の決戦がスタートしようとしている!

朧590
銀魂590話より引用 朧(おぼろ)との決戦が始まる!

朧は朧で松陽との記憶を大切にしていることがわかる。

というか今回の物語は神威にしろ朧にしろ“過去”を大切にしている…って印象を受けるよね。

印象としては“追憶をめぐる物語”といったところだろうか。

それぞれ歩んできた人生は違うわけで、それぞれに願っている事も違う。

大切な物も違えば、当然“ここだけは引けない!”っていうポイントも違うわけだね。

【スポンサーリンク】

決戦の火蓋が切って落とされる!

今回のエピソードではイマイチ朧(おぼろ)の強さがどのくらいなのか?ってところはわからない。

でも、あの松陽の弟子なわけだから、その強さは間違いないはずだよね。

開戦590
銀魂590話より引用 高杉に飛びかかる朧(おぼろ)!

実際に、戦いの最中も朧(おぼろ)の脳内を占めていたのはまさに“松陽との思い出”って感じだった。

助けられた日のこと、共に過ごした記憶。

わからない。

わからないけど、そこに朧が“ぬくもりに似た何か”を感じていたような気はするんだよね。

気のせいだろうか?

決着は非情なまでに。

しかし、高杉との決戦は最後の非業の決着を迎えてしまう。

高杉は刀の刺さっている位置から察するに無事かもしれないね。

多分生きてるだろう。

決着590
銀魂590話より引用 朧は助からないだろう、高杉は…?

でも、上記のカットを見てみてどうだろうか?

朧(おぼろ)に関しては完全に横から首に刀が突き刺さっており、これはちょっと簡単には助からないと思う。

朧はここで物語からフェイドアウト…って感じになるのかな。

それぞれがそれぞれの因縁にケリをつけ、新たなる物語に進んでいく…そんな印象を受けたエピソード。

次回の591話あたりはそろそろ“ヅラじゃない人”が主体となって活躍していきそうな気がするぞ!

【スポンサーリンク】