【銀魂】第594話「解放」確定ネタバレ感想&考察!

前回のエピソードでは、虚の成り立ちと松陽について語られた。

そして今回はついに、虚が何をしてきたかと、その核心に迫る形となる!

不死の身体を持つがゆえに死に焦がれる虚の目的は、いったいどのようなものなのだろうか!

【スポンサーリンク】

第594話「解放」確定ネタバレ感想&考察!

過去のエピソードが語られる。

虚が天導衆に捉えられた時の話のようだ。

はりつけにされた虚に対し、天導衆は不死の力に興味を持っている素振りを見せる!

天導衆594
銀魂594話より引用 天導衆は不死の力を欲していた

人間なら誰しもが一度は憧れる“不老不死”という特別な存在。

例に漏れず天導衆も不老不死に憧れていたわけだね。

だから虚の身体を実験し、不死のメカニズムを探ろうとしたんだろう。

しかし、虚はこれを自分の目的のために逆用することを思いついたようだ!

龍脈を操る力

不死を求める天導衆は、全宇宙で唯一“龍脈”を操る力を持っていた。

それを可能にしたのは“鍵”と呼ばれる手の平の刻印であり、協会最高幹部天導衆にのみ与えられる特権なんだそう。

そして、この鍵さえあれば各星にはる“アルタナの噴出口”を開けることが出来るのだという。

龍脈594
銀魂594話より引用 星の龍脈を操る力を持っている天導衆

平たくいえば“その惑星を滅ぼすレベルの巨大火山を自在に噴火できる権利”を持っている…みたいな感じだろうか?

どうやら虚の目的はコレだったようだ!

【スポンサーリンク】

鍵を奪い取ることに成功する!

そして虚は“鍵”を奪い取ることに成功する。

以下の手のミイラのように見えるのがソレで、手の平に刻印が刻まれているようだ。

天導衆に不死の力を与えた上で拘束し、腕だけを奪い取った感じなんだろう!

虚594
銀魂594話より引用 天導衆の鍵を奪った虚は、星を滅ぼしてゆく!

鍵を奪った虚は、星を次々と滅ぼしていく。

虚はどうしてこのような行動を取ったんだろうね?

自分を不死にした“要因”に対して怒りを持っている…とか、爆破に巻き込まれて自分も消滅するため…とか、いろいろ理由は考えられるんだけど、まだ決定的なものは出てきてないみたいだ。

少なくとも言えることは、虚を捨ておいてはおけない。

そして今回の594話では“虚を倒せ”という言葉が、銀さんたちへとかけられることになった。

虚を倒せ594
銀魂594話より引用 誰かが虚を倒さなくてはならない!

朧(おぼろ)が最後に伝えようとしたメッセージはおそらくここまで。

虚が何を目的として星を破壊しているのかもわからない。

そういった状況下で、虚が生み出した数多くの人格の一つ“松陽”の弟子たちが結集し、妥当虚を目指す…。

これからの595話以降は、虚との決戦が中心になってくることは間違い無さそうだね!

とはいえ空知先生のことだからもしかしたら「なんでオレたちがそんな危なねーヤツとやらないと行けないんですかァァァ?!」みたいなところからスタートしそうな気もするけど!

来週の595話の展開が今から楽しみだ!

【スポンサーリンク】