【鋼の錬金術師】ジャン・ハボックの強みとキャラ考察、アメストリス国軍の少尉!

アメストリス国軍の少尉であり、マスタング大佐の部下、ジャン・ハボック。

常に煙草を加えている雰囲気は「軍人としては態度が悪いのかな?」と思えてくる部分があるけど、実際には卓越した戦闘能力を持っており、マスタング大佐への信頼&忠誠心も厚い。

今回はそんなジャン・ハボックについて考察を深めてみよう!

【スポンサーリンク】

ジャン・ハボックの強みとキャラ考察、アメストリス国軍の少尉!

ハイマンス・ブレダとは同期入隊した親友であり、イシュヴァールの内乱を感じて育ったことも影響して士官学校へと入隊した。

このエピソードを見る限り、煙草のせいで態度は悪く見えるものの、志は熱いものを持っていることは間違い無さそうだね!

原作ではリザがロイのサポートに回るケースが多かったみたいだけど、ジャンもまた優秀なサポートが出来る、信頼出来る部下だったようだ!

ジャン・ハボック
鋼の錬金術師キャラクターガイドより引用 ジャン・ハボックの外見はこんな感じ!

ジャン・ハボックとロイ・マスタングに関しては、他のメンバーと比較して特に“相手ならどうするか”をしっかりと考え、把握しながら作戦を遂行できる、優れたパートナーであったように見受けられる。

わりと先陣を切って戦うタイプのロイ・マスタングをしっかりと援護できるのは、彼に卓越した技量と、呼吸を読む力が備わっているからに他ならないからだろう!

【スポンサーリンク】

ラストに騙される!

全体的に軽い喋り口調が印象的なハボックだけど、実際に性格面でも軽い部分はある様子。

その影響もあってか、色欲のホムンクルス“ラスト”に騙される結果になってしまった。

ラストのように妖艶なお姉さんだったら、ジャン・ハボックじゃなくても騙されたくなると思うけどね!

ラスト
鋼の錬金術師キャラクターガイドより引用 左が色欲のラスト

いかにも妖艶で豊満な肉体を持つ色欲のラスト。

男性なら拒めない本能的な欲求に訴えかけ、相手の隙を狙ってくるスタイルは、エゲツなさを感じずにはいられない!

しかしこのラストの妖艶な誘惑に対しても、ある意味ではハボックの“軽さ”が彼を救うことになったのかも!

騙されていたと知っても

好きな女性に騙されていたと知ったら、大抵の男性は相当落ち込んでしまうことだろう。

しかし、ハボックに関しては、作中でもなかなかの女ったらしのように見受けられる。

女性経験が多いということは、別れの経験も重ねているということ。

彼の立ち直りがある程度早いように見えたのは、こういう“軽さ”を持っているからかもしれないね!

【スポンサーリンク】