【鋼の錬金術師】ラストの強さとキャラ考察、色欲を司るホムンクルス!

“お父様”によって作られたホムンクルスの一体、ラスト。

手の先端を鋭い刃に変化させる“最強の矛”を武器として戦闘するのが特徴だ!

今回はそんなセクシーホムンクルス、ラストお姉さまについて考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

ラストの強さとキャラ考察、色欲を司るホムンクルス!

伸縮自在で鋭利な刃と化す両手の指を使用して戦うラスト。

人げを操作する能力にも長けており、ホムンクルスの中ではかなり有能な部類にカウント出来ると思う。

思ったより早い段階でメインエピソードから退場してしまったけど、もし彼女が生き残っていたとしたら、きっと相当に厄介な存在になっていたことが予想される!

ラスト
鋼の錬金術師キャラクターガイドより引用 ラストの外見はこんな感じだ!

また、上記カットを見てもわかる通り、ラストの外見は作中屈指の美貌を誇っているといえるだろう!

バトワン的に“鋼の錬金術師の美女”をピックアップするとするならば、オリヴィエ・ミラ・アームストロングorラストの2名がまず最初に思いついてしまうところだ!

情報戦略のためにハボックの恋人として立ち振る舞ったり、女スパイみたいな要素も持っているところから、ある意味では最も謎めいた女性の一人にカウントできそうな気がする!

【スポンサーリンク】

マスタングとの戦闘

第三研究所にて、マスタングの一派を追い詰めたラスト。

炎の発生源である発火布を封じたものの、マスタングから脅威の反撃を受けてて敗北。

「貴方みたいな男に殺られるのも悪く無い その迷いの無い真っ直ぐな目 好きよ」

という言葉を残して賢者の石ごと消滅してしまった。

グラトニーとラスト

最後の最後までインパクトが強かったラストなわけだけど、バトワン的にはグラトニーとのやりとりが強く印象に残っている!

グラトニーに「食べていい?」と聞かれた時のラストのリアクションは奇妙な冷静さをまとっており、多くのファンの背筋をゾゾっとさせたに違いない!

グラトニーの世話役、コントロール役といった側面を担っていたのもまたラストであり、この点を鑑みても“お父様”からの信頼がいかに厚かったか?という点を垣間見ること出来るかもしれないね!

あまりにも早い退場

ラストはあまりにも早い段階で退場してしまったから“弱い”みたいな印象を持っているファンも多いと思う。

しかし、これはあくまでストーリーの流れ的なものも多分に影響していると思うんだよね。

この段階で交戦したのがラストであり、また彼女の能力とマスタングの相性の良し悪しなども複雑に影響しているため、一概に“ラストは弱い”と断定できないような気もする。

もしホムンクルス同士でガチの戦闘能力勝負をした場合は、もしかしたらラストは結構上位に食い込んでくるかもしれない!

【スポンサーリンク】