【鋼の錬金術師】リザ・ホークアイの強さとキャラ考察、二丁の拳銃を操る美しき腹心!

鋼の錬金術師のもうひとりのヒロインとして名高いホークアイ中尉。

もうひとりの主人公ともいえるロイ・マスタングの腹心として、原作では大きな役割を果たした!

今回は、そんなホークアイ中尉について掘り下げていこうと思う!

【スポンサーリンク】

リザ・ホークアイの強さとキャラ考察、二丁の拳銃を操る美しき腹心!

後ろでアップした金髪と、厳しい感じの眼差しが魅力的なホークアイ中尉。

軍人らしい厳しい雰囲気も併せ持つ、属に言う“美人”って感じのキャラだ!

黒いハイネックを着ているため、胸が強調されて…ウワァ!!

ホークアイ
鋼の錬金術師キャラクターガイドより引用 リザ・ホークアイの外見はこんな感じ!

ホークアイ中尉は常に冷静沈着でクレバーな性格をしているし、いざというときの判断力にはズバ抜けたものを感じるよね。

終盤には少し取り乱すこともあったみたいだけど、状況が状況だけに仕方ないと納得する部分が多い。

鋼の錬金術師の荒川先生は感情の描写も巧みだし、感情的辻褄を合わせるのも本当にうまいよね!

感情の動きに関しても無理やり感が全くと言っていいほど無いと思うし、ナチュラルにキャラクターを動かすのが本当にうまい!

ホークアイ中尉の元々の性格と、修羅場に合わせた心境の変化などは、かなりデリケートに描かれて感動してしまう!

【スポンサーリンク】

ホークアイ中尉の戦闘方法も格好いい!

ホークアイ中尉に関しては、その戦闘方法もかなりかっこいいことで知られている。

彼女のメイン武器は“二丁の拳銃”であり、ホークアイの名に恥じない狙撃の名手としてその名を轟かせているみたいだ!

持ち歩いている拳銃は以下の二本。

  • FN ブローニングM1910
  • エンフィールドNo.2

バトワンは拳銃とかには詳しくないんだけど、エンフィイールドもブローニングも“実在するモデル”ということで、ガンマニアの人からしても「うおっ!!」ってなったんじゃないかな?

終盤でエンヴィーと戦った時も、機敏な立ち回りで奮戦してみせたのが懐かしい!

ロイ・マスタングとの関係

ホークアイ中尉の父親は、上司であるロイ・マスタングの“錬金術の師匠”であり、このあたりにも運命めいたものを感じざるをえない。

こういった人間関係が背後にあったからか、マスタング大佐とは幼馴染みとして育っており、互いに“大切な人”として意識しあっているみたいだ。

互いに厳しい表情をしていることが多いから恋愛感情を汲みとれるケースはそこまで多くないんだけど、それはそれでちょっとウブな側面が見れてホッコリしてしまうかもしれない!

【スポンサーリンク】