【鋼の錬金術師】傷の男・スカーの強さとキャラ考察、最終盤まで活躍したイシュヴァール人!

国家錬金術師の連続殺人犯として登場した男、傷の男(スカー)。

序盤の脅威として登場し、最終盤では獅子奮迅の戦いぶりを見せたことで有名だ!

今回はそんなスカーについて考察を深めていってみよう!

【スポンサーリンク】

傷の男・スカーの強さとキャラ考察、最終盤まで活躍したイシュヴァール人!

浅黒いの肌に赤い目、白い髪を特徴とするイシュヴァール人、スカー。

彼は国家錬金術師によるイシュヴァール人殲滅の生き残りであり、錬金術士を滅ぼそうとしている。

キング・ブラッドレイ大相当によって下されたイシュヴァール人殲滅戦争。

ここでの生き残りがスカーなわけだね。

スカー
鋼の錬金術師キャラクターガイドより引用 傷の男(スカー)の外見はこんな感じだ!

最初のスカーは完全に復讐鬼。

途中からは多少態度が懐柔された感じではあったものの、不穏な空気はずっとまとわりついていたように思う。

あらゆるものを破壊することが出来る“破壊の右腕”を持っている上、過去に武僧であった経験も影響していることから、戦闘レベルは相当に高い!

スカーは錬金術師を憎んでいるわけだけど、その“破壊の右腕”は錬金術の仕組みを利用して生み出された技。

錬金術師を憎み、錬金術士を滅ぼそうとするスカーが錬金術に頼るというのは、なんだか皮肉な巡り合わせのように感じてしまうところだよね。

【スポンサーリンク】

キング・ブラッドレイとの死闘

イシュヴァールの武僧1人で一般的軍人の10人分に相当する戦闘力があるといわれている中、スカーはさらに“破壊の右腕”まで使用することが出来る。

よって、彼も最終盤まで主要メンバーとして戦闘に加わり、印象的な役割を果たした!

かつてイシュヴァール人殲滅の命令を下したキング・ブラッドレイ大総統。

彼との一騎打ちをくぐり抜け、無事に悲劇の根幹を断ち切ることに成功したのは、彼の戦闘能力の高さが裏付けになっていることは言うまでもないだろう!

なんとか一族の無念を晴らせたっちゃ晴らせたわけだけど、あとに残されたスカーの表情。

これはこれで微妙にスッキリしない表情だったような気がする。

性格と人物像

武僧ということもあって外見はかなりガチムチマッチョ。

しかし、性格的には僧侶の面がかなり前に出てきている感じみたいだ。

禁欲的なところもあるし、小動物を愛する心も持っている。

そんな心優しきスカーを殺人鬼・復讐鬼に変えてしまったイシュヴァール殲滅戦。

全ての根源が“フラスコの中の小人”にあることは疑いようのない事実だろう。

錬金術などというものがあるから…というスカーの考え方は、あながち間違ってないんじゃないだろうか!

【スポンサーリンク】