【7SEEDS】鵜飼(うかい)の人物像考察、逆恨みとコンプレックスの向かう果ては。[セブンシーズ]

今回は施設メンバーの中から“鵜飼(うかい)”を考察していこう。

能力的にはかなり高かったみたいだけど、成績では安居を越えることが出来なかったみたいだ。

コンプレックスに苦しむ彼の人物像は、ある意味では人間らしいともいえると思う。

【スポンサーリンク】

鵜飼(うかい)の人物像考察、逆恨みとコンプレックスの向かう果ては。

鵜飼の外見は以下のような感じ。

彼は採取テストにおいて安居に生き延びるための道具を独占されてしまう。

さらに、くりくり同盟のメンバーや繭たちと坑道内を探索中に、岩盤の向こうにいた熊に右目を抉られてしまった。


7SEEDS(セブンシーズ)9巻より引用 熊に襲われ目を失なってしまった鵜飼(うかい)

視力が悪いだけでも“脱落”となってしまう。

鵜飼はこのことを知っていたから、目をえぐられてしまった自分が選ばれるはずがないと判断したんだね。

で、彼はヤケを起こしてしまい、坑道内小屋の机から持ち出したオートマチック拳銃を連射して、坑道全体の崩落を招くという暴挙に出てしまった。

これによって雹と繭は下敷きになり、2人もまた脱落という結果に流れてしまう。

鵜飼の考え方は少しだけ理解できるけど…やったことは許せるものではない!!

【スポンサーリンク】

安居への復讐…!!

彼は最終的に夏のAチームに選ばれた“安居”に対して復讐するために残りの時間を使うと決めたみたいだ。

最終的には復讐は果たせず森の中で凍死。

繭や雹が“無念の中に安らぎを見い出した死”を迎えたことと比べると、彼の死はあまりにも無常で残酷だ。

因果応報といえる部分もあるんけど、それにしても孤独で絶望的な死は…辛い!!


7SEEDS(セブンシーズ)9巻より引用 安居への復讐に駆られる鵜飼…!

冒頭でも述べたけど、バトワン的に鵜飼はけっこう人間らしいところがある人物だと思う。

ある意味では“劣化安居”みたいな感じなんじゃないかな。

もし仮に“安居が熊に目を奪われていたら”どうなっていただろう。

安居なら“茂を未来へ行かせるために”みたいな理由で、周りのライバルたちを銃撃しまくったり…みたいな暴挙にでてかもしれない。

ある意味では自己中心的で感情的、そして利己的な考え方をするタイプ。

そういった意味では、鵜飼と安居は“似たもの同士”なのかもしれないね!

実際そういったタイプである安居は未来へ行ってからも問題を起こし続けるトラブルメーカーとなっていった(今のところは)感じだし、鵜飼が未来に行っても同じようなことが起こっていたんじゃないだろうか。

鵜飼は“悪いヤツ”として描かれていたけど、バトワン的には“やったことは駄目だけど思考回路は理解できる”って範囲の人物だと思う…!

【スポンサーリンク】