【VP】アーリィ・ヴァルキュリアの強さと人物像考察、黒いヴァルキリー!

ヴァルキリープロファイル1の中盤辺りから登場する“黒いヴァルキリー”こと、アーリィ・ヴァルキュリア。

意外性のある登場から、プレイヤーに多くの疑問を与えた上で最後に全ての点と点が繋がって線になる感じ。

アーリィの登場に関しては、ゲームなのに様々な伏線が張り巡らされて感動したのを覚えている!

【スポンサーリンク】

アーリィ・ヴァルキュリアの強さと人物像考察、黒いヴァルキリー!

レナス、シルメリアと併せて“運命の三女神”とされているアーリィだけど、実はこの3人の中で最も非常で冷酷な性格をしているのが彼女かもしれない。

必殺技はレナス・シルメリアと同様に“ニーベルン・ヴァレスティ”なんだけど、口調とかも少しキリっとしていてカッコいい!

アーリィ
ヴァルキリープロファイルコンプリートガイドより引用 アーリィ・ヴァルキュリアの外見はこんな感じ!

上記が黒いヴァルキリー、アーリィの外見。

“黒”をまとっていることもあってか、やはりクールな印象を受けるよね。

ちなみにヴァルキリープロファイル1ではレナスの記憶が目覚めそうになった際に、彼女の変わりにヴァルキリーとして覚醒するというある種の“非常時のプロテクト機能”みたいな感じで位置づけられていたみたいだ。

本篇ではブラムス、レザード、メルティーナ、アリューゼの手により封印されたけど、彼女の実力がレナスに迫っていることは間違いない!

【スポンサーリンク】

ヴァルキリープロファイル2のほうが活躍したかも?

アーリィ・ヴァルキュリアに関しては、1より2のほうが大活躍した印象がある。

本篇ではレオーネという名前でパーティ入りし、武器もオーディンの槍である“グングニル”を振り回して奮闘した。

レナスが剣なのに対してレオーネが槍というのは、結構バランスが取れていて良い判断だったかもしれない!

ヴァルキリープロファイル2について!

そういえば、ヴァルキリープロファイル2は1に比べてエインフェリア1人1人のエピソードが非常に薄く、1のファンからはかなりの酷評を受けていたのを思い出す。

2に関してはゲームシステムも然ることながら、キャラクターとかエピソードがかなり雑な印象もあったので、その辺りを追加してリメイクすれば、既存のファンも満足してくれそうな気がするよね。

あと、最後の最後で“真・ヴァルキリー”みたいな展開になったけど、これも結構幻滅してしまった記憶がある。

潜在的にはファイナルファンタジーとかドラクエくらいの国民的大ヒットになる要素を多く秘めている作品だけに、ひとつひとつのドラマをしっかりと練りこんでもらえれば、きっと離れてしまったファンも戻ってきてくれるんじゃないかな。

今後のアナトミアと2のリメイク、または3の開発に期待だ!

【スポンサーリンク】