【VP】グレイの強さと人物像考察、甲冑に魂を留める運命の重戦士!

甲冑の重戦士であり、厳密には不死者に近い感じのグレイ。

わりとかっこいいキャラで、奥義の“冷厳なる氷剣の儀式・アイシクルディザスター”は、ある意味アリューゼのファイナリティブラストの対極にある技のような気もする氷属性の技だ!

でも、グレイに関してはバトワン的にあまり言いイメージを持っていないんだよね。

【スポンサーリンク】

グレイの強さと人物像考察、真実を隠す男装の麗人!

「レミアを殺したのは自分だ」と仲間たちに言い残し、レミアを生き返らせるために旅に出たグレイ。

でも実際のところはグレイは罪の意識からその言葉を発したわけであり、カシェル達はある意味ではグレイの言葉に翻弄されてしまったともいえそうなんだよね。

グレイ
ヴァルキリープロファイルコンプリートガイドより引用 グレイの外見はこんな感じ!

グレイは寡黙な性格をしていたから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、彼の誤解を招く表現に踊らされてしまい、カシェルやエイミ達はその生涯の方向転換を余儀なくされたと言っても良い。

エイミに関しては竜紅玉を宿しているという体質だから、どちらにせよガノッサに狙われることになったかもしれない。

でもカシェル達に関しては…。

グレイを追う仮定で立ち寄った村で、石化の魔物たちに襲われ命を落としてしまったかカシェル。

これに関しては、グレイの説明不足が招いた結果といっても過言ではないかもしれない。

【スポンサーリンク】

人間は、わかりあえない。

グレイに対していいイメージが無いのは事実なんだけど、それでもこのキャラクターは人間の本質をよく表わしているような気もする。

グレイとカシェルのように、あからさまに分かり合えないことももちろんあると思うし、もう少しちゃんと話したとしても、自分の中で伝えたいことと、相手に伝わること、そして相手の解釈の仕方などの様々な違いによって、物事が正確に伝わらないこともしばしばあると思うんだよね。

で、グレイの物語はそういった“人間は、わかりあえない”といった切ないすれ違いを表現しているような気もするんだよね。

わかりあえないからこそわかろうとし、それでも生じてしまうすれ違い。

すれ違いの果てに不条理な運命が待ち受けていたとしても、僕達はそれを回避することが出来ない。

グレイの物語からはそんな痛みというか、神々の法則のようなものを感じて仕方ない!

最終的にはレミアの想いによって甲冑の中に精神を留めていたグレイもエインフェリアとして選定されたわけだけど、彼ら全体を取り巻く運命の渦は、とても大きなものだったといえるはずだ。

【スポンサーリンク】