【VP2】ルーファスの強さと人物像考察、アスタニッシュグリッツを駆使する弓闘士!

ヴァルキリープロファイル2は1ほどに好きじゃないんだけど、それでも好きなキャラは存在した。

その中の代表格がルーファスだよね!

今回はバトワンなりに、そんなルーファスについて考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

ルーファスの強さと人物像考察、アスタニッシュグリッツを駆使する弓闘士!

超絶珍しいハーフエルフの肉体を持つ弓闘士、ルーファス。

基本的に弓キャラはバトワン好みのことが多いんだけど、その中でもルーファスはかなりお気に入りのキャラクターデザインだ!

ルーファス
ヴァルキリープロファイル2シルメリアザ・マスターガイドより引用 ルーファスの外見はこんな感じ!

ヴァルキリープロファイル2は1と比較して醍醐味のはずのエインフェリアの設定が雑だったり、少し悲しい部分があった。

その中でもルーファスの外見はかなりのお気に入りと断言してもいいと思う!

ただし、彼の設定に関してはやはりなぜかヴァルキリープロファイル2特有の強引さが反映されてきてしまっていることは否めない。

ハーフエルフはヴァルキリープロファイルの世界内では、オーディンとルーファスの2名だけということになっている。

たまたまアリーシャと出会ったルーファスが、たまたまハーフエルフであり、オーディン亡き後の世界を治める主神となってしまったのは、展開上けっこう強引さを感じずにはいられなかった。

とはいえバトワンはヴァルキリープロファイル2は1と完全に切り離して考えてたりもするんだけどね!

【スポンサーリンク】

奥義・アスタニッシュグリッツ!

基本的にこういったバトルものは中距離とか遠距離と比較すると近距離がどうしても強くなってしまうというもの。

でも、ヴァルキリープロファイル2に関しては弓闘士のルーファスにフォーカスを当てていた。

これは数あるバトルものの中でも差別化できていていい感じだったと思う。

アスタニッシュグリッツに関しては、ストーリーが進むに連れて徐々に強くなっていく必殺技であり、そういった意味でも好感を持てたことは間違いない!

他のエインフェリアが微妙すぎたこともあって、ルーファスの存在はより一層際立っていたことが懐かしい!

オーディンを継ぐ者

前回のヴァルキリープロファイルから引き続き登場のオーディンの器として生まれてしまったルーファス。

その指には、オーディンにもしものことが起こった時に魂が宿る者の明かしとして“ミュリンの指輪”がはめられている。

これは前作のレナスの指にはめられていたニーベルンゲンの指輪と、何かしら因果関係があるのかもしれないね!

バトワン的にはこのあたりは“出来過ぎな話”って印象を持っていたけど、ある層にとってはルーファスの雰囲気は高評価だったみたいだ。

もしかしたらこのあたりは好き嫌いの問題なのかもしれないね!

【スポンサーリンク】