【キン肉マン】ステカセキングの強さと技、能力考察!

前回のキン肉マン考察で完璧超人の考察も終わり、ついに悪魔超人の考察がスタートだ!

バトワンはあまりキン肉マンは詳しくないんだけど悪魔超人くらいになってくるとよく知っているキャラが増えてきて嬉しい!

今回はステカセキングについて考察し、理解を深めていきたいところだ!

【スポンサーリンク】

ステカセキングの強さと技、能力考察!

ステカセキングの外見は以下のような感じ。

パッと見かなり手抜きで作られたようなデザインになってはいるものの、今だに一定の人気を誇る名キャラクターだ!

ウォークマンのようなカセットプレーヤーをモチーフにしたデザインが、なんだか時代を感じさせる!

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%ab%e3%82%bb%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
キン肉マン超人閻魔帳より引用 ステカセキングの外見はこんな感じ!

こうやって見ると、一昔前のロボットって感じで、なんだか愛嬌があっていいね!

実力としては“7人の悪魔超人”の中でも最低レベルではあったものの、能力を使ってカバーできることもあって、立ち回り次第では強力になれるのも彼の魅力だといえるだろう!

他の超人の情報が収録されたカセットテープを取り込むことによって、その超人の技を完璧に再現できるらしく、この能力は他のキャラと比較してもかなり脅威の部類に入るんじゃないだろうか!

ちなみに、彼の足はヘッドフォンになっており、相手の耳を塞いで爆音を流すという戦い方もできる!

【スポンサーリンク】

新・超人大全集!

王位争奪戦の情報を加えた超人大全集は、さらなる進化を遂げていた!

この時はゼブラマンやマンモスマンの技を駆使してターボマンを攻撃しており、相当な戦闘能力を持っていることがわかる!

また、相手がノリの良いタイプであれば、音楽を使用して操ることも出来たりと戦闘の幅がかなり高い超人であるといえるだろう!

彼にバトワン的な解釈を加えていくならば、多彩な技を多方面に成長させようとしている感じが見受けられることで、能力の分散が著しいような気がする。

多彩だからこそ、その中で軸となる技をしっかりと定め、どこかに特化して技を鍛えていったほうが、彼の実力を一層発揮しやすくなるような気がしてならない!

バトワンなら超人大全集をうまく利用して戦闘能力を伸ばし、ヒットアンドアウェイで戦いつつ、トドメは足のヘッドフォンから放つ爆音攻撃で木っ端微塵にするような戦法を選びたい所だ!

過ぎたるは及ばざるが如し。

バランス良く能力を使いこなすことが出来れば、もっと活躍できるキャラクターであることは、疑う余地が無いと思うな!

【スポンサーリンク】