【デスノート】レイ・ペンバーの人物像考察、非業の死を遂げたFBI捜査官!

キラ事件の捜査のため日本に入国したFBI捜査官の一人、レイ・ペンバー。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていければと思う!

以前考察した“南空ナオミ”の婚約者でもある彼の人物像に触れていこう!

【スポンサーリンク】

レイ・ペンバーの人物像考察、非業の死を遂げたFBI捜査官!

犯罪者以外で初めて月に殺された人物がレイ・ペンバー。

月が彼を殺害したことによって、結果的には“目的を妨げる人間は悪と同じく排除する”という方針を伝えるメッセージとなった。

いや、月のことだからそれも十二分に計算に入れていたことだろう。

レイ・ペンバーの外見は以下のような感じ。

%e3%83%ac%e3%82%a41
デスノート1巻より引用 レイ・ペンバーの外見はこんな感じ!

怪しい人物に備考をつける…という方針のもと、夜神月の備考を担当することになったのが彼だ。

終盤の月は“慢心・傲慢”が目立ったけど、この時の月の頭脳は特に冴え渡っており、至極自然にことを進められてしまったのが印象的だった。

真面目な高校生にすぎない月に対し“キラ事件とは無関係”とまで判断していたのにもかかわらず、始末されてしまったことが悔やまれてならない。

南空ナオミという婚約者もありながら殉職してしまった彼の無念は計り知れないことだろう。

【スポンサーリンク】

レイ・ペンバーの最期

レイ・ペンバーはキラ(夜神月)に電車内で直接され、不可解な指示を出されてしまう。

“見ただけで殺せる”という嘘に騙されてしまい、備考に参加しているFBI捜査官全員ぶんのファイルを調達、自らの手でそこに名前を書き込まされ、死に追い込まれてしまった。

去り際に目にした夜神月の姿を見て、彼は何を思ったのだろうか。

%e3%83%ac%e3%82%a42
デスノート2巻より引用 レイ・ペンバーの最後はこんな感じだった。

思えばこの頃から夜神月は“敵対する相手が倒れる様子”をチェックしようとする傾向があったのかもしれない。

これが最初の“敵対者の排除”だったわけだけど、この時の月の落ち着きっぷりはかなりのもので、見ている読者を戦慄させたことだろう!

以降、Lに勝利した際も最後に不敵な笑みを浮かべて見せたし、ニアに勝ったと思い込んだ時も自白に近い形で勝利宣言をしてしまった。

レイ・ペンバー事件あたりから、月の精神が常人のソレとはかけ離れ初める片鱗を感じ取ることが出来るかもしれない。

また、原作では備考メンバーのFBI捜査官の死はレイ・ペンバーだけが描かれたわけだけど、他に潜入していたFBI捜査官も別の場所で倒れているという点を踏まえると、コトの大きさ・残酷さが一段と肥大して感じられるような気がする!

【スポンサーリンク】