【デスノート】高田清美(たかだきよみ)の人物像考察、運命に踊らされたキラの代弁者!

夜神月と同学年の東大生、高田清美(たかだきよみ)。

もともとは単なる同級生だった彼女だけど、運命の悪戯で彼女もデスノートの餌食になってしまう。

今回はそんな彼女について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

高田清美(たかだきよみ)の人物像考察、運命に踊らされたキラの代弁者!

もともとは学生時代の月が、弥(あまね)との関係を隠すために付き合っていた女性のうちの一人。

後に、公共テレビ局NHNアナウンサー“タッキィ”として人気を得る。

彼女は以前からかなりの“キラ信奉者”であり、それが彼女の運命を転がすことになってしまった。

10
デスノート10巻より引用 高田清美(たかだきよみ)の外見はこんな感じ!

数いるNHNのアナウンサーの一人だった。

しかし、Xキラである魅上照に“キラの代弁者”に一方的に任命されてしまう。

キラ信奉者だった彼女はその任を受け入れ、むしろ誇りに思っているかのような素振りすら見せていた。

月にとって過去に関係を持っていた“元ガールフレンド”が正体不明のXキラの代弁者となれば、これを利用しない手はないわけだよね。

再び接触を試みた夜神月によって、彼女は利用するだけ利用された後に自殺に追い込まれてしまった。

【スポンサーリンク】

高田清美の最期。

正直、清美のラストはかなり壮絶で、バトワン的にはかなり同情を禁じ得ないところ。

彼女は単なる“キラ信奉者”に過ぎなかったわけだけど、それが“キラの代弁者”に任命されてしまったことによって、悲惨な運命を辿ることになってしまった。

穏やかに生きていれば幸せに慣れたであろう女性だけに、この結末は悲惨に感じてならない。

12%e9%ab%98%e7%94%b0
デスノート12巻より引用 高田清美もまた、デスノートの餌食になってしまった。

夜神月にそそのかされ、隠し持っていたデスノートの切れ端でメロを殺害した高田清美。

そして、その後“魅上照”“夜神月”の両者にノートに名前を書かれてしまう。

まぁ、このあたり前後関係が色々あるんだけど“彼ら2人に同時に名前を書かれる”という事象そのものがかなりヒドい扱いだよね。

魅上の頭脳がそれだけ計算高かったことを表わしているし、月・魅上の両者がもはや“人をモノとして見ている状態”になってしまっていることの証拠にだってなるだろう。

デスノートを使った人間は幸せにはなれない。

確かに、人間のコントロールできる範囲を大きく凌駕した能力を持ってしまったら、彼らは人間とは全く違う思考・思想を抱いてしまってしかるべきところだろう。

高田清美はデスノートの被害者でもありながら、彼ら“人間を凌駕したと思い込んだ狂人”の思想によって、若く美しい命を奪われてしまった人物であるといえると思う。

【スポンサーリンク】