【ナルト】うずまきクシナの使命と人物像考察、前任の九尾の人柱力!

うずまきナルトのお母さんとして有名なうずまきクシナ。

可愛い、美人!といった感じで、クノイチとしてだけではなく女性としても人気が高いようだ!

今回はそんなクシナについて考察し、彼女の魅力と人物像に迫っていきたい!

【スポンサーリンク】

うずまきクシナの使命と人物像考察、前任の九尾の人柱力!

クシナの外見は以下のような感じ。

おそらくは“クシナダヒメ”が名前の由来なんじゃないかな?

彼女は元々、ナルトの前任の“九尾の人柱力”だったことが判明している!

%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%8a
ナルト秘伝・陣の書より引用 うずまきクシナの外見はこんな感じ

ナルトを見ていてもわかることだけど、人柱力であるということは相応のリスクを伴うもの。

実際にクシナも雲隠れの里に誘拐されそうになるといった過去を持っている!

忍里システムにおける“暗部”とかのやってきた所業を考えれば、もしこの時彼女が雲隠れの里に捕まってしまっていたら、どのような酷い事をされていたのか分からない!

ちなみにこの時クシナを助けてくれたのが、ナルトの父親にあたる“うずまきミナト”だったようだ。

ナルト出生の秘密を知っているのもクシナその人。

ナルトを出産した直後、九尾を体から抜かれ幻術で操られた九尾が里を壊滅状態に追いやってしまった。

このエピソードは、ナルト世界における最大のバックボーンのひとつに数えられるだろう!

【スポンサーリンク】

〜だってばね!が口癖!

ナルトの「〜だってばさ!」という口癖はもうお馴染みだよね!

あまりに頻発しすぎると鬱陶しくなってしまうアレだけど、この口癖はクシナ譲りだったことが判明。

外見はミナトに似たナルトだけど、内面においてはどちらかというとクシナ似って感じだったのかも!

口調もそうだしメンタルの強さもそうだし、ナルトが“精神面への強さ”を兼ね備えた忍に成長したのも、クシナからの遺伝だったりしそうだ!

ちなみに人付き合いもそこまで悪い方ではないらしく、うちはサスケの母である“うちはミコト”とは友人関係にあったという。

うずまき一族の一員として!

また、彼女は千手一族の遠縁である“うずまき一族”であったことが確定している!

火の国の同盟国、渦の国・渦潮隠れの忍一族の血を引いている感じだ!

物語が始まった当初は“おちこぼれ”の印象が強かったナルトだけど、ここにきて“エリート中のエリート”って感じの背景を背負う主人公となったわけだね!

“伝説の血筋”的なのを引いている主人公であることが判明したことによって、ナルトが火影にまで成り上がったこともなんとなく納得しやすくなったような気がする!

ただし反面、友情・努力・勝利のキーワードを元に成長していく…といった観点から見ると、少し残念な印象はあるのかも?

このあたりは意見が別れるところだと思うから、あえて結論は出さないでおきたい!

【スポンサーリンク】