【ナルト】うちは火炎陣(かえんじん)の強さ考察、圧倒的な防御力!

トビが張った結界忍術、うちは火炎陣。

尾獣化した八尾の攻撃を防ぐだけの防御力も兼ね備えており、かなり強力な防御壁であることがわかるよね!

今回はそんなうちは火炎陣について考察してみたいと思う!

【スポンサーリンク】

うちは火炎陣(かえんじん)の強さ考察、圧倒的な防御力!

用いられたうちは火炎陣は以下のような感じ。

火遁の上位交換っぽい肝心結界忍術であり、結界を殴った八尾に火傷のダメージを与えていた。

尾獣の攻撃を防ぎつつ、逆にダメージを与えることが出来る忍術はかなり少ないことだろう!

%e3%81%86%e3%81%a1%e3%81%af%e7%81%ab%e7%82%8e%e9%99%a3
ナルト陣の書より引用 うちは火炎陣(かえんじん)はこんな感じ!

しかし、うちは火炎陣が明確に防御した攻撃は“八尾による一撃”のみであるとされている。

つまり、他の攻撃に対しての防御力・耐久力に関しては未知数のようだ。

尾獣の攻撃を受け止めるのはすごいけど、もしかしたらシンプルに破ることが出来る方法が他にもあるかもしれないね!

正直、見ていてそこまで強力な結界のようにも見えなかったし、あくまで火は“気体”に過ぎないわけだから、尾獣がうまく結集すれば尾獣玉以外にも簡単に破る方法もあったかもしれない。

水をかけるなどといったシンプルな方法に拘(こだわ)らずとも、砂をかけて酸素を減らして炎の勢いを減らしたり…といった方法もあったんじゃないのかな?

【スポンサーリンク】

うちはの忍術の中では弱いほうかな?

こうやって見ていると、うちは火炎陣は他の“うちは忍術”と比較すると、どうしても見劣りしてしまうのは否めないところだ。

同じ火遁の上位交換である天照とかならともかく“普通の火遁っぽい感じ”の豪火は若干インパクトに欠ける忍術だったといえるかもしれないね!

とはいえ今回“うちは火炎陣”を考察するにあたって他の“火遁”も調べてみたけど、単純な火遁の中では多分最強クラスっぽいかな?

ちなみに炎は“温度によって色が変わる”といわれてたりするけど、うちは火炎陣の炎の色は普通の赤っぽい感じ。

別に温度が高くて強力…ってわけじゃなかったように思える。

単純に“結界として優秀”というレベルの忍術っぽい感じだ!

まぁまぁ、ナルトはわりとリアリティ無視で“フワっとした設定”を持ってくることも多いから、もしかしたらそういったプロセスの中で生まれた忍術なのかもしれないね!

あまり深く考えるとナルト世界は矛盾がチマチマ出てきてしまうような感じの作風だから、ある程度は許容しつつシンプルに捉えていったほうが、作品を楽しむにはちょうどいいのかもしれない!

【スポンサーリンク】