【ナルト】イザナギの強さ考察、一方的に都合の良い未来へと導く!

ナルト世界のチート忍術には“一方的に◯◯にする”といった能力が多い。

その中でも強力な忍術のひとつとして、イザナギがカウントできるだろう!

今回はそんなイザナギをピックアップしつつ、その戦闘能力に迫ってみたい!

【スポンサーリンク】

イザナギの強さ考察、一方的に都合の良い未来へと導く!

以下はイザナギを使用するダンゾウだ。

うちは一族が使用した“究極の瞳術のひとつ”にカウントされるのがイザナギだね!

ただでさえ強力な“うちは一族”の用いる忍術の中でも、さらに“禁術”とされていただけあって、その効力は計り知れない!

%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%99%e3%83%8a%e3%82%ad%e3%82%99
ナルト秘伝・陣の書より引用 イザナギを使用するダンゾウ

イザナギの本質は、ほんの僅かな時間だけ“術者にとって不利な事象を「夢」に書き換えることができる”んという点にある。

これによって、不都合な展開をあらかじめ避ける事が出来、一方的なワンサイドゲームに持ち込むことが出来る強みがあるわけだね。

“あの時ああしておけば”といった状況を強引に打開することが出来るため、圧倒的に完璧な試合運びをすることが出来るという面において、まさにチートと言っても過言ではないと思う!

通常の幻術との大きな違いとして、相手に幻を見せるのではなく“現実に直接影響を及ぼす事が出来る”という凶悪性を持っていることもこの瞳術のポイントだ!

【スポンサーリンク】

イザナギを用いるリスク!

イザナギがいかに強力な瞳術であるか?といった点に関しては、上記を踏まえれば理解してもらうことが出来るだろう。

しかし、この瞳術にはそれなりのリスクも存在する。

イザナギのリスクはかなり大きく“を使用した写輪眼はその後光を失い、二度と開くことはない”というもの。

エリート一族であり写輪眼が売りのうちは一族にとって、このリスクは数あるリスクの中でもトップクラスに強力な拘束力を持つといえるだろう!

また、イザナギを使う者が二人以上になると、それぞれにとって都合のいい結果の奪い合いが始まっていまう…といった側面も持ってしまう。

こういった絡みがあったからこそ、対抗策となる“イザナミ”が誕生することになったわけだね!

“自分にとって都合のいい結果だけを選び取れる”というのは失明のリスクを含めても強烈なメリットであり、いざという時に使用する切り札としてはもってこいだろう。

また、こういった忍術が“存在する”ということが知れ渡ってしまえば“写輪眼を狙う者”が激増してしまう可能性だってある。

さらに、現在のBORUTOであれば“科学忍具”なるものが開発されていることも相まって、イザナギが無制限に使える状況をもたらそうとする人物だって登場してきてもおかしくないだろう。

あらゆる側面から複合的に考察したとしても、イザナギがナルト世界でトップクラスにヤバい忍術である事実は揺るがないはずだ!

【スポンサーリンク】