【ナルト】仙法・明神門の強さ考察、対象を封ずる脅威の鳥居!

今回はナルトワールドの忍術の中から、仙法・明神門(みょうじんもん)について考察してみたい!

さまざまな封印術が存在する中、明神門の威力はかなりの凄まじさを持っていると思う!

仙人モードでのみ使用可能となる六道の封印術について、理解を深めていこう!

【スポンサーリンク】

仙法・明神門の強さ考察、対象を封ずる脅威の鳥居!

仙法・明神門は以下のような感じ。

特に対十尾として開発された「封十」は、十本の尾を的確に封じる活躍を見せた!

数ある封印術の中でも、威力の高さはピカイチだといえるんじゃないかな!

仙法・明神門陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 仙法・明神門はこんな感じ

自然エネルギーを流し込む鳥居を口寄せして対象の動きを封じ込めるのがこの仙術の骨子。

歴代火影でも初代火影・千手柱間だけが使える六道の封印術だ!

ちなみにこれは、ナルトが精神世界で九尾を抑える時に使った鳥居と同じものだとされている。

この鳥居に封じられた者は、なんと指一本動かすことができなくなってしまうのだそうだ!

そういった性質を持っているからこそ、対十尾での戦いで充分に威力を発揮したし、いまでも強力な封印術のひとつに数え等得るのだろう!

しかし、こういった封印術が“存在する”ということは、過去に“封印措置が必要な相手”が存在していたことを意味する。

ナルトワールドがまだ仙法・明神門に辿り着いていない時代、荒れ狂う暴獣が振るった猛威は察するに余りある!

【スポンサーリンク】

千手柱間の使用した忍術!

仙法・明神門は、あの千手柱間が使用した封印術だ。

彼は木ノ葉隠れの里の創始者の1人で、森の千手一族のリーダー格であり、初代火影になった人物。

彼なくしてはこのような封印術の発見・開発もなかったことだろう。

仙法・明神門“忍の神”とまで呼ばれるほどの千手柱間だったからこそ使用できた忍術だとすることが出来るだろう!

また、この仙法・明神門にはいくつかのバリエーションがある!

意思すらも奪い取る“封頭”の強力さ!

明神門のバリエーションのひとつ、封頭(ふうとう)。

本来であれば相手の体や尾を押さえ込むのが明神門の骨子であるのに対し、封頭は相手の頭を抑え込むというもの。

頭に触れる明神門を通して自然エネルギーを注入し、相手の戦闘意思をも奪い取ってしまう封頭。

この封頭に封じられてしまった者は、封印術に抵抗する意思すら奪われてしまうとのこと。

封印する能力だけでも強力なのに、抗う意思まで奪ってしまうというのは強烈だね!

もしこの封印術が悪用されてしまったら…きっとちょっとやそっとの被害では収まらないに違いない!

【スポンサーリンク】