【ナルト】八十神空撃(やそがみくうげき)の強さ考察、カグヤの用いる無慈悲なる拳撃!

大筒木カグヤの用いる八十神空撃(やそがみくうげき)。

今回はこの体術について考察し、理解を深めていきたいと思う!

チャクラを極めし大筒木カグヤならではの無慈悲なる拳撃に想いを馳せていきたい!!

【スポンサーリンク】

八十神空撃(やそがみくうげき)の強さ考察、カグヤの用いる無慈悲なる拳撃!

放たれた八十神空撃(やそがみくうげき)は以下のような感じ。

手の平にチャクラを込めて空気地中に放つことで、無数の巨大な拳を出現させることが出来る!

一応分類としては体術なわけだけど、チャクラをふんだんに使っているし厳密には難しいところ。

八十神空撃
ナルト秘伝・陣の書より引用 八十神空撃(やそがみくうげき)はこんな感じ

陣の書によると、この一発一発が必殺の一撃となっているという。

カグヤは片手を前にかざしているだけなのにこれほどまでの規模の連撃が発生しているんだ。

微動だにしない体制から放たれる巨大な拳の連撃は、まさに脅威としか言いようがない!!

また、この拳は攻撃で毛ではなく防御にも使用できることが判明している!

カグヤは瞳術の面でも作中トップクラスだし、体術・忍術・幻術も含め総合的な能力水準が群を抜いている感じだ。

そして、それらを駆使することが出来たからこそ、攻防一体の八十神空撃のような技を編み出せたのだろう!

【スポンサーリンク】

災害クラスの大筒木カグヤ

今回考察した“八十神空撃”を見ても分かる通り、カグヤの個体能力はさすがにズバ抜けている感じだ。

両目に百眼、額に写輪眼を持っている時点で「ヤバいの出てきたな」と思ってたけど、実際に戦闘になってみるとその脅威がさらに身をもって理解できるというもの。

まさにカグヤの存在は、ナルト世界における“災害”と呼んでも差し使えないレベルに達しているといえると思う!

今回考察した八十神空撃にしても、これ単体で充分すぎる戦闘能力を持っているため、通常の忍であれば手も足も出ないだろう!

それこそ、尾獣クラス以上が連携してどうか?といった話になってくる感じだね。

当然ながらどこぞの忍が単体で戦ってどうこうなる相手ではなく、ナルト、サスケ級の忍でもない限り、赤子の手をひねるより簡単に瞬殺されてしまう可能性すらある。

さすがは“鬼”とまで呼ばれるほど圧倒的なチャクラを保有している人物だけある…といった感じだ!

ある意味では“全てのはじまりの人物”と呼べる人物だけに、その能力はまさに規格外の領域に到達していたといえる!

大筒木カグヤに関しては地爆天星で封印されているはずだから、後のBORUTOにて再度封印から解かれる可能性もゼロじゃないかもしれないね!

【スポンサーリンク】