【ナルト】六道・地爆天星(りくどうちばくてんせい)の強さ考察、輪廻眼開眼によるチャクラ球!

今回は輪廻眼を開眼した者が使用できるとされる、六道・地爆天星について考察していきたい!

六道仙術を操るものにのみ許された封印術の強力さに迫っていこう!

地爆天星と、その上位交換にあたる“六道・地爆天星”について、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

六道地爆天星(りくどうちばくてんせい)の強さ考察、輪廻眼開眼によるチャクラ球!

六道・地爆天星(りくどうちばくてんせい)は以下のような感じ。

強力な引力を持つ黒いチャクラの球体を作り出しあらゆるものを引き寄せる術だ!

基本的に“強力な引力”を動力として発動されるという共通点を持つ!

地爆天星陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 六道・地爆天星(りくどうちばくてんせい)はこんな感じ

引力の源を上空に発生させることで、風雨印野対象を引き寄せ生き埋めにするのがこの忍術の骨子だ!

巨大な引力によって生み出された球体。

発せられた引力は万象天引の比ではないほどの重力場を生み出しており、一度引き寄せられてしまうと脱出の希望は相当に薄くなってしまうという。

また、使用者にとっても相当に消耗が大きいらしく、使用後の長門はかなりゲッソリしてしまっていたのが印象的だった。

強力な封印術だからこそ、その反動も大きい…といったところか!

【スポンサーリンク】

重力を自在にコントロールできることの強み、とんでもない地爆天星!

輪廻眼によって重力を自在にコントロールできる強みは凄まじい。

その中でも地爆天星、六道・地爆天星の威力は絶大で、重力を操る中ではトップクラスになるだろう。

しかしこの忍術は意外に弱点もハッキリしていることで知られてもいる。

引力を生み出している核に向かって強力な遠距離忍術を叩き込むことで破壊することができるため、地爆天星を破ろうとする側としては狙いが明確になる。

ただし反面、敵が集団であった場合、核を守ろうとする護衛が配置される可能性が高く、逆に核が“相手をおびき寄せるためのブラフ”として使用される可能性があるのもまた事実だ!

残念ながらナルトワールドではこういった駆け引きは描かれなかった感じだけど、そういう心理的な駆け引きが加わってくると物語の派生する未来は大きく異なったものになったかもしれないね!

どんな技でもそうなんだけど、それが“明らかな脅威であり、弱点も明らか”という状況であれば、それを用いて誘導を仕掛けるのは王道中の王道。

常に相手の行動を予測し“次の手”をあらかじめ予測していくのは戦いの基本だし、やり方次第では地爆天星の“厄介度”は何倍もアップするかもしれない!

【スポンサーリンク】