【ナルト】凶殺の灰骨の強さ考察、崩壊を招く危険な放出!

大筒木カグヤが使用する凶悪な忍術、凶殺の灰骨(きょうさつのはいこつ)。

厨二病な感じがヤバいネーミングだけど、破壊力は抜群だ!

今回はそんな凶殺の灰骨について考察し、理解を深めていければと思う!

【スポンサーリンク】

凶殺の灰骨の強さ考察、崩壊を招く危険な放出!

以下は凶殺の灰骨を使われたナルト。

この忍術は、骨の構成要素を変化させることによって強固な武器へと変貌させる忍術。

骨を使う忍術であれば“屍骨脈”もいい加減危なかったけど、凶殺の灰骨はさらにやばい感じだ!

凶殺の灰骨陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 凶殺の灰骨はこんな感じ

手の平より放ったは灰骨によって攻撃し、それが相手に突き刺さると相手の肉体もろともボロボロと崩壊させてしまう。

この攻撃を食らってしまうと“生きながら肉体が崩壊する…”という恐怖を味わうことになり、その様はかなり本来ならば相当エグい描写となっていたことだろう!

ナルトの画風だからそこまでエグい感じにはならなかっただけで、もし描く人が違ったらちょっとしたホラーになっていたかもしれない!

それくらいにコンセプトとしては凶悪であり、禍々しい戦闘性能を秘めている忍術だといえるはずだ!

さすがは大筒木カグヤ…とでもいったところだろうか!

【スポンサーリンク】

再生能力持ちのキャラでも殺せるのか?

また、この忍術を見ると“再生能力持ちのキャラでも殺せるのか?”という疑問がつきまとう。

例えば不死の能力持ちというのは飛段や六道マダラ、あるいは穢土転生の対象者あたり。

そして、再生の能力持ちは綱手、サクラ、柱間、六道マダラあたりのキャラクターだ。

このあたりは色々と意見がわかれてくるみたいだね!

“カグヤは陰陽遁を使えるので、穢土転生は普通に倒せる”という意見があったり“絶対に死亡しない”という意見があったりと、様々な意見が飛び交っているようだ。

バトワンとしては、不死の能力者もさすがに“崩壊”の前には屈してしまうのかな?と思ってたりする。

凶殺の灰骨は斬撃・打撃とはまた別の効果を与えているようにみえるんだよね。

なんか、相手の肉体を“肉体じゃないもの”に変化させて、その接合を否定している…といった印象。

不死・再生の能力者は“肉体”なら再生できるかもしれないけど、肉体じゃないものに変えられてしまった部位は再生できないんじゃないか?と思えてきてしまう…というのが正直なところだ。

解釈が割れているようだから結論は出さないでおきたいところだけど、バトワンの観点からすれば“不死&再生能力者相手にも充分効果がある”というポイントだけは主張しておきたいかな!

【スポンサーリンク】