【ナルト】別天神(ことあまつかみ)のチート級の強さ考察、シスイの最強忍術!

うちはシスイの万華鏡写輪眼の瞳術として、チート級の呼び声高い別天神。

今回はそんな別天神(ことあまつかみ)のチート級の強さについて考察し、理解を深めていきたい!

穢土転生による操作すら上書きしてしまうほど強力な力ではあるみたいだけど…。

【スポンサーリンク】

別天神(ことあまつかみ)のチート級の強さ考察、シスイの最強忍術!

うちはシスイの持っていた別天神が描かれたシーンは以下。

イタチいわくこの術は反動が大きく、一度使用すると千手柱間のチャクラでもない限り十数年は使用できないという欠点を持っている!

使用できる忍は、シスイの眼を保有しているイタチとダンゾウの2名だけだ!

%e5%88%a5%e5%a4%a9%e7%a5%9e
ナルト秘伝・陣の書より引用 万華鏡写輪眼・別天神(ことあまつかみ)を使用するイタチ!

対象者に幻術に掛けられたと気づかせることなく操ることができる幻術であり、知らず知らずの間に操作されてしまっている恐れのある強力な瞳術。

普通の幻術であっても“幻術と悟られないように”というのは基本中の基本だと思うけど、穢土転生の能力すらも上書きしてしまうという点で特異であることは間違いないだろう!

うちは一族の万華鏡写輪眼の使い道は数多に存在するけど、その中でもかなり強力な部類にカウントされる瞳術であることは紛れも無い事実だ!

【スポンサーリンク】

欠点があるからこそ、ひときわ輝く!

別天神の術は、月読のように瞬時に幻術を体感させられるわけではない。

よって、複数戦闘では使用が難しいという側面も抱えており、これは一種のデメリットであるといえるだろう!

一対一の戦闘ではもともと幻術を解くことが困難なため、通常の幻術が強力になった程度…という解釈になってしまうこともしばしばだ。

しかし、幻術が活かされるのは何も直接戦闘の時だけではないんだよね。

特に隠れ里が“国と同等の力を持つ”という特殊な世界観の元では、外交・工作・諜報などといった戦闘面意外の場面で大活躍する術であるといえる。

“一度使用すると十数年は使用できない”というリスクを持っている点はマイナスだけど、強力な幻術だからこそ“いざという時の切り札”として、活用するチャンスはあるはずだ!

特に、他の里のキーパーソンなどを洗脳・操作することが出来れば、意図的に自里にとって有利な状況を作り出すことも可能になってくるはず。

尾獣のような“1体で戦況を覆す戦力”を宿している人物を味方につけることによって、局面が180度変わることだって少なくないはずだ!

そういった観点から別天神の術を再評価していくと、そのチートっぷりをまざまざと感じざるを得ない!

【スポンサーリンク】