【ナルト】千鳥千本(ちどりせんぼん)の強さ考察、千鳥を千本に変化させる強術!

サスケの使用する千鳥シリーズ。

これらの術は螺旋丸と並びナルトワールドのなかでもかなり強力な術の部類に入る!

今回は“千鳥千本(ちどりせんぼん)”について考察していこう!

【スポンサーリンク】

千鳥千本(ちどりせんぼん)の強さ考察、千鳥を千本に変化させる強術!

千鳥千本(ちどりせんぼん)を使っている感じは以下。

千鳥の形態変化の一つであり、雷属性の究極である千鳥を千本の形に変形させるところがこの術の骨子。

よりスピードに特化させる…といった意味合いもありながら、無数の千本で攻撃を放つ!

一撃必殺の通常千鳥とは反対に、数撃ちゃ当たる系の忍術って感じもするね!

千鳥千本
ナルト秘伝・者の書より引用 千鳥千本(ちどりせんぼん)はこんな感じ

離れたところから放つことが出来る千鳥千本は、遠距離ボーナス的な側面が強い。

通常の千鳥は近づかないと命中させられないから、そういった面では離れて使える千鳥千本は強力な忍術だといえるだろう!

しかし反面、バトワンとしては少しムダが多い忍術のように思えてしまう部分もある。

通常の千鳥ですらかなり緻密なコントロールが必要な“奥義クラス”の忍術なんだ。

それをさらに形態変化させた割には、四方八方にエネルギーを分散させてしまっていて少しもったいないかもしれないね。

豊富なチャクラを持つ忍のエリートだからこそ許される、斬新な使用方法であるといえるかもしれない!

【スポンサーリンク】

千鳥千本、数撃ちゃ当たる?

前半でも触れたように、千鳥千本にはどうやら“数撃ちゃ当たる”といた側面があるみたいだ。

当然ながらある程度の狙いを定めて放つのは前提として、これだけ撃てばハズレ弾が出てくるのも必然。

一撃必中で狙いすまして撃つ攻撃と違ってチャクラのムダが多いだろう。

しかし反面、こういった“広範囲中距離攻撃”は、便利な一面もあったりする。

それは“相手の行動を制限したい時”だ!

相手の右側から千鳥千本のような攻撃を放ち続ければ、相手は左側に逃げる一択になってくる。

これはもはや“左への移動を強要した状態”であり、この戦闘アドバンテージはなかなかに大きいものだろう!

正直なところ、バトワン的にはこういった使い方のほうが好みかもしれない!

単騎で戦っている印象が強いサスケだけど、千鳥千本のような攻撃を駆使しつつ誰かと連携すれば、凄まじい戦略的価値を持ってきそうな気がするよね!

1対1の戦いではナルトに敗れたサスケだけど、多対多の戦いになった場合は写輪眼・輪廻眼の兼ね合いもあるしサスケのほうが強力な忍だったりするかもしれない!

ナルトワールドでは多対多の戦いでも結局は1対1に近い形で決定打が放たれてしまうケースが多いのが残念なところだ!

【スポンサーリンク】