【ナルト】千鳥流しの強さ考察、攻防一体の雷属性全方位攻撃!

ついに千鳥もここまできたか!と思わせる千鳥流し。

ここまで変化を巧みに使いこなしてしまうと、もはや別の技として昇華されているといっても過言ではない!

今回はそんな“千鳥流し”について考察してみよう!

【スポンサーリンク】

千鳥流しの強さ考察、攻防一体の雷属性全方位攻撃!

千鳥流しを使っている感じは以下。

まさに全方位に電撃を放ち攻撃している感じだから、攻防一体だね!

サスケの技の中でも結構強力な部類に入る忍術なんじゃないかな!

千鳥流し
ナルト秘伝・者の書より引用 千鳥流しはこんな感じ

電撃の性質である“触れると筋肉が萎縮する”という特性を活かした千鳥流し。

これにふれてしまうと感電し、筋肉が縮まってしまうという。

この攻撃を一発くらってしまったら、自分の意思とは裏腹に筋肉が収縮してしまうようだから、追撃が来たら完全に詰みの状態になってしまう感じだね!

多数の敵から同時に攻撃を仕掛けられた時とかは、それこそ千鳥流しで一網打尽にすることが可能だ!

このような使い方が出来る千鳥は、やはりナルトワールドの中でもチートクラスの忍術であると考えるのが打倒だろう!

さらに本編では用いられなかったものの、この状態を維持して戦うようなこともサスケなら出来るかもしれないね!

まるで水牢の術のように自分の体の周囲に電撃の幕を纏って戦う千鳥流しの上位交換。

いつかそういった忍術が登場してきても、なんら不思議ではない!

【スポンサーリンク】

千鳥の圧倒的汎用性!

これまでも考察してきたように、千鳥の汎用性は群を抜いている。

性質変化・形態変化を使用することによって、そのバリエーションは無数だ!

ここ最近に考察したものの中でも、以下の3つとかはそれぞれに強力。

  • 千鳥鋭槍
  • 千鳥千本
  • 千鳥流し

単純な“千鳥”ですら、あれほどまでの破壊力を持つ奥義クラスの忍術なのにもかかわらず、こういったバリエーションまで持たせてしまうサスケ。

これが普通の忍だったら、通常の千鳥で満足してしまい“そこから先”へは進もうとしなかったかもしれない。

そういった意味ではサスケは“たゆまぬ努力”の感覚をも持ち合わせた、優秀なエリートであるといえるのかもしれないね!

ジャンプの三大テーマは“友情・努力・勝利”の3つだけど、サスケは案外この3テーマをしっかりと踏襲した王道キャラクターであるといえるような気がする!

千鳥を体得してから積み上げてきた努力、血と汗と涙の結晶こそが、千鳥流しに代表される様々な“千鳥のバリエーション”なんだろう!

新シリーズのBORUTOでも千鳥は必ず登場してくると思うけど、今後の新たなる千鳥の進化にも注目していきたいと思う!!

【スポンサーリンク】