【ナルト】千鳥鋭槍(ちどりえいそう)の強さ考察、中距離対応千鳥の一撃!

数多く存在する千鳥のバリエーション。

千鳥のバリエーションに関しては、螺旋丸と同等レベルにまで位置づけられていると考えても過言じゃないだろう!

今回はそんな“千鳥鋭槍(ちどりえいそう)”の強さについて考えていきたい!

【スポンサーリンク】

千鳥鋭槍(ちどりえいそう)の強さ考察、中距離対応千鳥の一撃!

千鳥鋭槍を使用している感じは以下。

本来は放電に特化した形態を持っており、近接攻撃に特化している印象が強かった千鳥。

サスケがそんな千鳥に熟練してきた影響もあってか、千鳥鋭槍は中距離攻撃に特化している!!

ただでさえ強力だった千鳥が一層の破壊力を持って帰ってきた感じだ!

千鳥鋭槍
ナルト秘伝・者の書より引用 千鳥鋭槍(ちどりえいそう)はこんな感じ

掲げた掌から狙った場所めがけて稲妻を走らせることが出来る千鳥鋭槍。

一撃の威力は千鳥には劣ってしまうものの、射程距離が長いために術者への“近接リスク”が大幅に軽減されているのが大きな特徴といえるだろう!

バトル漫画といえばやっぱり“近接戦闘”なわけだけど、こういった中距離攻撃が充実しているのがナルトの良いところかもしれないね!

ぶっちゃけこの千鳥鋭槍が相手にちょっとでも命中してしまえば、相手がバランスを崩してしまうのは自明の理。

一旦千鳥鋭槍で牽制しつつ強引に隙を生み出し千鳥でフィニッシュ…といった使い方も充分に効果的な範疇であるといえるはずだ!

【スポンサーリンク】

電撃という暴れ馬をコントロールする力量!

バトル漫画では必ずといっていいほど登場する“地・水・火・風・雷”の5属性。

これに加えて“光・闇”も7属性の能力を持っている…みたいな感じがド定番だよね!

で、その中でもダントツでチートな戦闘能力を持ちがちなのが、何といっても“雷属性”だと思うんだ。

ワンピースのエネルとかもそうだし、電撃っていうのはバトル漫画において本当に強い!

しかし、そんな電撃にも弱点は存在するんだよね。

そう、多くの場合電撃は“コントロールが難しい”といった感じで描かれることが多い。

ナルト世界においてはこういう場合“繊細なチャクラコントロールで…”といった単語で片付けられてしまうことが多いのが少し残念なところだ!

サスケはうちは一族の天才忍者ってことで、普通の忍なら絶対に不可能であろう性質変化のコントロールをモノにしている…といったところだろうか。

とはいえ電撃のような“暴れ馬”な属性をここまで緻密にコントロールしてしまうというのはやはりとんでもないこと。

うちは一族の潜在能力の高さと、ナルト世界の世界観のどちらが強く影響しているのかは不明だけど、特筆に値する部分だといえるだろう!

【スポンサーリンク】