【ナルト】双魔の攻の強さ考察、右近&左近の連携殺法!

今回は右近&左近の連携技として有名な“双魔の攻”について考察し、理解を深めていきたい!

兄である右近を体内に内包する左近だからこそ用いることの出来る忍術だ!

見るからにグロテスクな忍術・双魔の攻の魅力を、出来る限り深く掘り下げてみたい!

【スポンサーリンク】

双魔の攻の強さ考察、右近&左近の連携殺法!

戦闘時に兄の右近が左近の体内を自由自在に動き回る双魔の攻。

用いられた時の描写は以下のような感じだ!

頭から拳が突き出ている感じとかも見ているとまさに“異形”といった感じでおぞましい!

双魔の攻闘
ナルト秘伝・闘の書より引用 双魔の攻はこんな感じ

右近は左近の体のどの部分からも手足を出すことが出来るため、 近接戦に関してはかなりトリッキーな戦い方ができることが確定って感じだよね。

ナルト世界では結構近接の肉弾戦も色々なパターンが描かれているけど、その中でも左近&右近の双魔の攻は特異な戦闘方法にカウントすることが出来るだろう!

また、双魔の攻は後に“薬師カブト”によって“伝異遠影”へと昇華され、さらに強力な忍術へとグレードアップされている!

逆をいうと、双魔の攻は薬師カブトのエゲツなさをアップさせるのに一役買ってしまったと表現してしまっても差し支えないかもしれない!

【スポンサーリンク】

血継限界の中ではランクは下?

様々な血継限界・血継淘汰といった特殊な忍術が登場するナルト世界。

全体を通してみてみると、双魔の攻はランクとしてはかなり下の方に位置づけられるかもしれない。

確かに強力な忍術であり、外見的にも歪さ・禍々しさを兼ね備えていはいるものの、戦闘面において強力か?と問われるとなかなか厳しいものがあるといえるだろう!

特にパワーインフレが極端になった最終盤では、輪廻眼や塵遁と比較すると天と地の差を感じてしまうほどだ。

相手の不意をついて闘う事ができるのは強力だけど、双魔の攻が本当に活きてくるのは戦闘以外の面だったりするかもしれないね!

他の忍と違って特殊な立ち回りが出来るし、左近の背中から右近の顔を出せば360度の視界を確保することが出来たりもする。

隠密活動として敵の拠点に潜伏しつつ、情報探査をしたりするのであれば、この能力はわりと使える部類に入るかもしれない!

右近&左近はこの能力のわりによく頑張ったと思うけど、別の側面から見れば“能力の活かし方を間違えた”と考えることが出来るのかもしれないよね!

ナルト世界は“戦闘”に重きが置かれまくっている感じだから仕方ないかもしれないけど、双魔の攻に関しては「もう少し上手な使い方があったのでは?」なんて思ってしまうところだ!

【スポンサーリンク】