【ナルト】口寄せ・外道魔像について考察、見るも禍々しき尾獣の抜け殻!

尾獣のチャクラの入れ物である“魔像”を口寄せする“口寄せ・外道魔像”

その外見の禍々しさは、ナルト世界へ大きな戦慄を与えた!

今回はそんな脅威の外道魔像について思いを馳せつつ、理解を深めていければと思う!

【スポンサーリンク】

口寄せ・外道魔像について考察、見るも禍々しき十尾の抜け殻!

以下は口寄せされた外道魔像。

外見的にはナルト世界で登場したあらゆる危難の中でトップクラスにエグいんじゃないだろうか?

眼を塞がれたようなビジュアルは、地獄から召喚された咎人のような印象すら感じてしまうところだ!

外道魔像陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 外道魔像はこんな感じ

外道魔像を区土寄せするためには千手とうちは一族の両方の力が必要であるといわれている。

また、長門が口寄せした外道魔像は、術者の世紀を吸われてしまうリスクを伴っている。

長門がこの術に成功したのは、生命力の高い“うずまき一族”の血を引いていることが起因しているようだ

雨・木ノ葉両軍の部下を無差別に殺してしまうという悲劇の源となった外道魔像。

そのエピソードの凄惨さを踏まえると、この口寄せが通常の口寄せとは一線を画していることが理解できるだろう!

また同時に、柱間の持つ“柱間細胞”についても、これがいかにあらゆる忍術に対応できる柔軟性を持っているかの裏付けにもなるかもしれないね!

そりゃ柱間細胞を戦争で活かそうという人間も出てくるわけだ…。

【スポンサーリンク】

外道魔像の脅威!

冒頭でも触れたように、外道魔像は“尾獣のチャクラの入れ物”ってことで、尾獣とは切っても切り離せない関係にあるようだ。

外道魔像の口から出る半透明の竜に触れると、触れたもんのチャクラを一瞬で吸い尽くしてしまう!

そしてそれは尾獣を人柱力から引きずり出すためにも用いられ、掴まってしまうとそのまま外道魔像の体内に収められてしまうようだ。

尾獣を完全に引き剥がすには数日の時間が必要なようだが、その辺りを踏まえても外道魔像は“対尾獣対策”に非常に有用だといえるだろう!

尾獣の脅威が高ければ高いほど、その対抗策はどんどん高度になっていく。

尾獣の存在自体を攻めることは出来ないけど、ある意味では「外道魔像をコントロールしよう」という考えに至らしめる動機を生み出したのは、他ならぬ尾獣そのものなのかもしれないね!

また、現在の新作BORUTOでは“科学忍具”なるものがいくつか登場してきている。

もしこれが発展されてくれば、場合によっては“外道魔像の一般化(量産型・小型など含む)”みたいな悪夢が生み出される可能性だってゼロじゃないかもしれない…!

【スポンサーリンク】