【ナルト】口寄せ輪廻眼の強さ考察、六道仙人の眼を絡めた応用術!

口寄せ輪廻眼(くちよせりんねがん)の本質はどこにあるのだろう?

この忍術は、六道仙人と同じ眼を持つ長門による輪廻眼の応用忍術だという。

今回はこの口寄せ輪廻眼について掘り下げ、バトワンなりに理解を深めていきたいところだ!

【スポンサーリンク】

口寄せ輪廻眼の強さ考察、六道仙人の眼を絡めた応用術!

口寄せ輪廻眼を使った感じは以下。

口寄せした動物の目に輪廻眼をコピーして、その視界を共有することが出来る…という忍術だ!

使い道としても比較的“忍者っぽい忍術”といえるかもしれないね!

%e5%8f%a3%e5%af%84%e3%81%9b%e8%bc%aa%e5%bb%bb%e7%9c%bc%e9%99%a3
ナルト秘伝・陣の書より引用 口寄せ輪廻眼はこんな感じ

相手の目に輪廻眼をコピーする…というのがどのような状況・原理になっているかは不明だけど、これによって術者自身が仮に動けなくても、動物を駆使することで情報収集を行うことが出来る。

また、多くのチャクラを費やすことによって六道の能力の一部を付与できてしまうという点も見逃せない!

遠隔操作という特性上、その精度が落ちてしまうことがデメリットに挙げられることが多いんだけど、バトワンとしては全く逆の解釈。

遠隔操作でしかも口寄せした動物にこの能力を付与できるというのは、絶大なメリットがあるといえるのではないだろうか?

【スポンサーリンク】

遠隔操作という絶大なメリット!

バトワンが口寄せ輪廻眼を使用するならどうなるだろう。

もしバトワンがこの能力について使用方法を考えるのであれば、やはり鳥や昆虫のような“小さくて群れる動物”に使用してみたいと考えると思う。

よほど巨大な動物に輪廻眼を付与しない限り、相手の忍は“何が敵なのか察知しにくい”はず。

輪廻眼を付与する動物をうまくコントロールして、敵に悟られないように情報収集したいと考えるのがごく自然ではないだろうか!

小さければ小さいほど相手から見つかりにくくなるし、群れれば群れるほど何が問題なのかわかりにくくなる。

木を隠すなら森の中。

そのような発想をしっかりと踏まえた上で、口寄せする動物を選択していきたいものだ!

また、口寄せした動物をも完全に制御できるのであれば、出来ることはかなり無数に存在するといえるだろう!

ナルト世界では謀略はあまり使われていない印象(使われていても浅い感じ)だけど“相手に気づかれないように相手の要を壊す”という手法が出てくれば、普通にワンサイドゲームで一国を滅ぼすことだって可能なはずだ!

そして口寄せ輪廻眼には、それが出来る性能があるといえるだろう!

遠隔操作だからこそ自分の姿を現さずに好き放題やれる。

普通に考えてこのメリットは、他の何物にも変えがたい強力なものだと言えるだろう!

【スポンサーリンク】