【ナルト】土遁・土中潜航(どちゅうせんこう)の強さ考察、鬼鮫にピッタリの術かも!

干柿鬼鮫の多彩なる忍術群。

その中でも地味にジワジワ強力なのが、この“土遁・土中潜航”なんじゃないだろうか?

今回はそんな土中潜航について考察し、色々と思いを巡らせてみよう!

【スポンサーリンク】

土遁・土中潜航(どちゅうせんこう)の強さ考察、鬼鮫にピッタリの術かも!

土遁・土中潜航を使っている感じは以下。

見ても分かる通り、土の上から煙みたいなのが出ている!

これは鬼鮫が土中を水のように変化させて泳いでいるために起こった煙だ!

こんなことが出来るなんて、鬼鮫ってやっぱりこれまでの忍者とは格が違う!!

土遁・土中潜航
ナルト秘伝・者の書より引用 土遁・土中潜航(どちゅうせんこう)はこんな感じ

術者の周りの土をチャクラによって水のような流動する感じにしてしまうのがこの忍術の骨子。

それによって土中を自在に泳ぐことが出来るというメリットが生まれる!

本来は水遁系の使い手である鬼鮫だけど、この術を併用すれば水がない場所でも得意の動きができるため、かなり強力なアドバンテージを得ることが出来るんじゃないかな!

また、こっそり近づくことによって無警戒な相手に対して奇襲することもできたりするし、汎用性もかなり高いといえるようなきがするよね!

潜入・潜伏・暗殺とかにも使えそうな感じが、忍っぽくて良い感じだ!

【スポンサーリンク】

チャクラが通ればなんでもアリ?

ナルト世界の世界観は終盤に近づくに連れ“なんでもアリ”の状態になってきている!

そういったハチャメチャな感じがナルトワールドの魅力だよね!

で、今回考察してる鬼鮫の土遁・途中潜航にしてもにたような感触を受ける所。

自分のチャクラを地面に影響させることによって、土をまるで水のように変質化させてしまう能力は、もはや忍術のレベルを通り越して“魔法みたい”な印象すら与えられてしまう!

チャクラさえ通ればだいたいのことは何でも実現できてしまう世界観。

それこそがナルトワールドの醍醐味であり、夢のある部分だといえるかもしれないね!

バトワン的には論理破綻している漫画はあんま好きじゃないんだけど、ナルトは論理破綻というよりも“ハチャメチャを前提に提供している漫画”って感じだから、そのあたりにも妙に納得が行ってしまうところだ!

現在は新シリーズのBORUTOもスタートしている感じだし、今後もこういった“夢のある忍術”が登場したら良いな!

特に土遁・土中潜航とかは夢がある上に強力だし、今後のストーリーの中で再登場してもおかしくないかもしれないね!

干柿鬼鮫自体がかなり強力な忍だっただけに、鬼鮫の再登場にも期待が高まる!

【スポンサーリンク】