【ナルト】土遁・土流割(どりゅうかつ)考察、龍脈穿つ派手な忍術!

ヤマトの使用した土遁・土流割。

かなりワイルドかつダイナミックな忍術で、わりと強力な忍術にカウント出来ると思う!

局所的な戦闘というより、地形を活かした戦略的価値が高そうな感じだ!

【スポンサーリンク】

土遁・土流割(どりゅうかつ)考察、龍脈穿つ派手な忍術!

土遁・土流割を使っている感じは以下。

掌に集約したチャクラで、地中に流れる“龍脈”とやらを利用して大地を穿つのがこの忍術の骨子のようだ!

突然“龍脈”とか言われてもなんのこっちゃって感じだけど、どうやら龍脈とは“地中を流れる気のルート”であり、風水用語なんだそう。

うーん、色々なところからアイデア持ってきててすごい!

土遁・土流割
ナルト秘伝・者の書より引用 土遁・土流割(どりゅうかつ)はこんな感じ

トップでも触れたけど、土遁・土流割は局所的な戦闘よりも戦術的価値が高い忍術と言えそう。

直接的に相手の忍をやっつける忍術というよりは、敵と自軍の間を分断することができたり、敵の“陣”を破壊する攻撃手段として活用できる感じだ!

敵の忍単体を狙うのではなく、敵の忍の“集団”を狙う。

これが一般的な忍術との大きな違いであるといえるかもしれない!

強力な忍術であることは間違いないからこそ、悪用されたりするのが恐ろしい部類でもあるはずだ!

【スポンサーリンク】

BORUTOでの再登場は?

今回は結論からいってみよう。

結論からいってしまうと、土遁・土流割はBORUTOでの再登場は極めて難しい部類の忍術だといえるはずだ。

というのも、BORUTOの物語はすでにインフレがとんでもないことになっている。

さらに、現在はナルトが拉致・誘拐され、それに対して“五影+サスケ”が全員で救助に向かっている…といった段階だ。

つまり、もはや“いきなりクライマックス”みたいな感じになっているということ!

この状況であれば“いきなり十尾再来”とか“いきなりオビト復活”とかはありえても、さすがに土流割レベルの忍術は出る幕が無いだろう。

いや、決して土遁・土流割が弱い忍術ってことではないんだ。

しかし、さすがにボルトワールドでは“場違いな忍術”って気がするんだよね。

モモシキとかも超強力な忍って感じだし、彼に対して土流割を使ったところで“戦車に竹槍で突っ込んでいくようなもの”になりかねない。

よって、土遁・土流割の再登場は見込みとしては薄いんじゃないかな!

とはいえ再登場しなくてもそこまでガッカリするような忍術でもないし、それはそれで良いと思うんだけどね!

ちなみにこれはつまりバトワンとしては“土遁・土流割の再登場はノーマーク”ということの表明になる。

逆を言えば、これが再登場した時の驚きはなかなかのモノがあるかもしれないね!!

【スポンサーリンク】