【ナルト】地怨虞(ジオング)の強さ考察、黒い触手のクソチート忍術!

角都の強さについては賛否両論。

弱い弱いって言われているけど、バトワンとしては結構強いような気がしていたりするよ!

ってこておで、今回は角都の使用する“地怨虞(ジオング)”について考えてみたいところだ!

【スポンサーリンク】

地怨虞(ジオング)の強さ考察、黒い触手のクソチート忍術!

各図のなかでもかなりの脅威であるのがこの“地怨虞(ジオング)”だよね。

地怨虞(ジオング)を使っている感じは以下。

胎内より生じた黒い触手をチャクラで操ることによって、この術はスタートする感じだ!

地怨虞(ジオング)
ナルト秘伝・者の書より引用 地怨虞(ジオング)を使った感じはこう!

地怨虞の何がヤバイって、まずこの術によって他人の心臓を奪い取り、チャクラを性質ごと体内に取り込んでしまえること。

このため5つもの性質変化を使えることになり、全ての性質変化の弱点を突くことができる…という点も見逃せない!

いや、やばいよ角都、ぶっちゃけチートレベルのキャラだと思って良いんじゃないのかな?

うーん、もう少し評価されても良いような気がするよね!

あえて弱点を上げつらうのであれば角都は精神面が案外未熟。

トラブルが起こると殺意が湧いてしまい、仲間であっても容赦なく殺害するキレ癖を持っている…みたいな、荒っぽい部分があるのがタマにキズって感じかもしれない。

しかしともあれ、こういった性格面の難点が無かったら、ちょっと手に負えないヤバさになっていたかもしれないね!

【スポンサーリンク】

BORUTOで出てきたら面白いんだけどな!

ちなみにこの“地怨虞”に関しては、バトワンがBORUTOでの再登場に期待している忍術。

この術は秘伝忍術ってことだけど、これがもし“クレバーな相手”に渡ったらどうなるんだろうか!

また、性質変化を取り込むどころか、やり方次第では“血継限界を取り込む”とかもできそうだし、最終的に最強になる可能性を秘めているのがこの地怨虞だよね!

全ての性質変化、全ての瞳術、全ての血型限界・血継淘汰・血型網羅、柱間細胞…などといった、あらゆる戦闘に有効なスキルを“コツコツと地道に集める”ということがが出来てしまったら。

細胞同士の反発…みたいなテンプレデメリットさえ生じることがなければ、作中最強クラスになり得るポテンシャルを持っている忍術だといえると思う!

角都は性格的にアレだから、それこそシカマルの息子・シカダイあたりが身につけてくれたらそれこそ“一代で世界がひっくり返る”ほど圧倒的な戦力になりそうな気がする!

まぁ、そんな展開は120%こないとは思うんだけど、地怨虞にはいつか再登場してほしいところだ!

【スポンサーリンク】