【ナルト】地獄突きの強さ考察、シンプルかつ格好いいエーの必殺体術!

シンプルかつめっちゃ格好良い体術、地獄突き。

今回はそんな地獄突きについて考察し、理解を深めていけたらと思う!

ナルトも終盤に近づくに連れややこしい忍術が増えてきたけど、このシンプルさはめっちゃ輝いてるよね!

【スポンサーリンク】

地獄突きの強さ考察、シンプルかつ格好いいエーの必殺体術!

地獄突きは3代目雷影が得意とする、雷遁忍体術。

カカシの雷切に似ている感じではあるものの、電撃を纏う突きで相手の防御を貫いてしまう大技だ!

付く時の“指の本数”によって、貫通力の調整が可能な点も面白い!

地獄突き陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 地獄突きはこんな感じ

指の本数を減らせば減らすほど“貫通力”がアップする仕組みになっている地獄突き。

確かに指を減らせばそのぶん、相手との接触面が少なくなるため切れ味が増すのは当然だね!

普通のスニーカーで足を踏まれるより、ハイヒールのカカトで踏まれるほうが痛いのと同じ原理だ!

だったら最初から“指一本”でやればいいんじゃ?なんてお思うけど、指の本数を減らせば減らすほど指1本にかかる負担は大きくなるだろうから、出来れば減らしたくないところだよね。

無理に指一本で突くと突き指じゃないけど指への負担はデカそうだし!

必要に応じて使い分けていくのがもっともベターな活用方法だと思う!

【スポンサーリンク】

最強の矛と呼ばれる名刀!

また、3代目雷影が使用する地獄突きは“最強の矛”とまで呼ばれるほどの切れ味を持っているのもひとつのポイント。

雷光をまとって解き放たれる一閃は、相手に対して致命的なダメージをあたえるばかりか、切断にも使うことが出来るという。

“手刀”は手に刀と書くわけだけど、それを地で行っている凄さがあることを忘れずにいたい!

その切れ味はまさに“名刀”とのことだが、これに異論を挟む人は少ないことだろう!

シンプルイズベスト!

忍術でも体術でもそうだけど、ややこしくすればややこしくするほど強そうに見えるのは事実。

しかし、結局のところはシンプルイズベストだよね!

ややこしくすればするほど動きにも無駄が生まれるし、動きに無駄が生まれればパワーの伝達にも軋みが生じる。

そういった点を踏まえると、やはり地獄突きのようなシンプルな攻撃体術は、生じたエネルギーをそのままダメージに転換するといった意味で非常に効率がいいし、わかりやすいといえるだろう!

また、あれやこれやとヒネリを利かせるより、眼にも止まらぬスピードで攻撃し“わかっているけど避けられない”みたいな状況を生み出したほうが効果的なこともある。

地獄突きに関しては、そういいったシンプルさを追求した一撃であるといえるかもしれないね!

【スポンサーリンク】