【ナルト】塵遁・原界剥離(じんとん・げんかいはくり)についての考察、強すぎる血継淘汰!

今回は塵遁・原界剥離(じんとん・げんかいはくり)について考察し、理解を深めていこう!

血継限界の上に存在する血継淘汰(けっけいとうた)に分類される属性を持つため、かなり強力だ!

今回は塵遁・原界剥離に秘められた圧倒的パワーをバトワンなりに掘り下げてみたい!

【スポンサーリンク】

塵遁・原界剥離(じんとん・げんかいはくり)についての考察、強すぎる血継淘汰!

以下が用いられた塵遁・原界剥離。

風・土・火の性質三つを一度に合わせる血継淘汰の忍術だ!

直撃した立方体に触れたモノを原子・分子レベルで破壊してしまうほどの破壊力を持っている!

もはや…忍術の領域を遥かに超えているぞこれは!

塵遁・原界剥離陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 塵遁・原界剥離(じんとん・げんかいはくり)の外見はこんな感じ

現存している忍の中では三代目土影・オオノキのみが使用できる忍術。

塵遁・原界剥離に関しては衝撃による破壊(クラッシュ)ではなく対象の分解なので、根本的にその原理が違う様子。

つまりこの性質を踏まえると塵遁・原界剥離は“ガード不能”という性質を持つことになる!

ガードしてもガードした部分から分解してしまうのだからタチが悪いよね!

また、分解ってことはその後の治癒・再生も厳しい感じになる可能性があると思う!

【スポンサーリンク】

分子・原子に影響するということ

現時点では塵遁は原界剥離くらいしか登場していなかったのと思う。

無(ムウ)が開発したってことで、比較的新しい術に分類できるんじゃないだろうか?

火遁・水遁・風遁…あたりの忍術と比較して“原子・元素”に直接アプローチする方法が開発できるようになった…と考えると、とんでもない進歩だよねこれは。

今だからこそ塵遁・原界剥離“くらい”ですんでいるわけだけど、塵遁がどんどん開発されて新技が発展してしまったら、それこそ“核融合反応”を起こしたりすることもできるようになるかもしれない!

今は新シリーズでBORUTOがスタートしているけど、そのうち原子核と原子核を衝突させて大爆発を起こすような塵遁が登場してくる可能性だってある!

そうなってきたらこれまでの忍達が用いていた火遁・水遁・風遁といった基礎的な性質変化はほとんど役に立たなくなってしまう…などといった流れに陥ってしまう可能性だってあるといえるだろう!

強烈な忍術が開発されることによって生み出されるのは、必ずしも“自国の安全”だけではなく、新たな争いも招いたりすることは、過去の歴史で証明されているんだ。

塵遁のような極端な戦闘性能を持つ忍術を持つ忍が存在するということは、今後のナルトワールドにまだまだ様々な可能性が残っているのを示すのと同時に、今後も争いがなくならないことを証明してしまっているのかもしれないね。

【スポンサーリンク】