【ナルト】天手力(アメノテジカラ)の強さ考察、サスケの輪廻写輪眼に宿った専用瞳術!

忍の祖と言われる伝説上の存在、六道仙人が開眼したとされる究極の瞳術“輪廻眼”

その中でもサスケの左目の輪廻写輪眼に宿った専用の瞳術が“天手力(アメノテジカラ)”とされる!

今回はそんな天手力について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

天手力(アメノテジカラ)の強さ考察、サスケの輪廻写輪眼に宿った専用瞳術!

天手力を使用するサスケは以下のような感じ。

一瞬で任意の空間を“入れ替える”ことが出来る時空間忍術だ!

これまでも色々な忍術が登場してきたなるとシリーズだけど、時空を操るというのはスケールが違う!

天手力陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 天手力(アメノテジカラ)を使用するサスケ!

時空を操るというのは、火を起こすとか水を操るといったものとは全く次元が違うもの。

いわば“物理法則そのものを根底から覆す”のが時空間忍術であり、これはもはや忍がどうのとかチャクラがどうのといった話には収まらないレベルだ!

物体同士の位置を交換したりすることが出来るため、応用範囲が極めて広いのこの忍術の特徴であるといえるだろう!

また、そもそもの“空間”を入れ替えてしまう性質上、その他の忍術と比べて“一方的に・問答無用で・否応なしに”自身の術中に入れてしまうことが可能なのもこの忍術の凶悪なところだ!

【スポンサーリンク】

天手力の凶悪性!

この能力に関しては特に“開眼したのがサスケでよかった”と思える能力なんじゃないだろうか!

マダラと戦った時にはこの能力を駆使してマダラの輪墓を封じることに成功できたわけだけど、逆にこの能力を扱えたのがマダラのほうだったら…と考えると恐ろしい部分がある!

入れ替える対象はサスケの視界に入っていなければならなく、能力が使える距離にも制限があることがデメリットに数えられることがあるけど…バトワン的には全く逆の印象を受けてしまうところだ!

これは逆を言うと以下のような感じになるわけで、天手力が以下に強力かということの裏付けになっていると思う!

  • サスケの視野に入っていれば使用できる
  • 一定の距離内でなければ使用できない

つまりサスケを中心とする360度全方位において、天手力の届く範囲内は“無敵ゾーン”みたいな感じになるってことだよね。

見るだけで勝つ。

こんな荒業が出来る時点で、もはやうちはの血&輪廻眼がいかにチートであるか?ということの証明としては充分すぎることだろう!

ちなみに本編が終了した後は更に能力がアップして、カグヤの異空間を探知・転移できるほどになっているようだ。

【スポンサーリンク】